30坪3LDK一人暮らしの平屋の間取り図

今回の間取りは30坪3LDKの平屋の間取りになります。
こちらのプランは南道路の想定で南に駐車場取って、
庭を取っていくという形に計画しています。

ですがまあの西道路とか東道路の方のプランでも十分使っていくことができます。

玄関の方は南玄関になっていて玄関ホールを入るとシューズクロークが3畳あります。
シューズクロークの方は玄関土間からとホールに二つ出入り口があって
中で靴を脱ぐことができます。
玄関ホールのようにちょうど真ん中で段差をつけて半分は土間、
半分をフローリングにして壁面に収納とかあとはコートとかですね
そういったものをかける場所を作っていくというようなイメージになります。

ですのでその効果としては玄関の方に靴が散乱しないというのがあります。
シューズのシューズクロークの中で脱いで少し雑然としていても
玄関ホールの方がいつもスッキリ見えるというような効果が狙えます。

そしてリビングダイニングキッチンの方は21畳のスペースになります。
こちらの方は対面式キッチンになっていて
キッチンを中心にダイニングとリビングを見渡すことが可能になってきます。

キッチンから見た風景はリビングの南の窓越しに庭も見えて行きますので
開放的で健康的なプランになってきます。
平屋というのは2階に部屋がないので
天井を屋根勾配なりに高くしていくことができます。
上の方にも広く横にも広がりがあって
モダンなリビングを作っていくことができます。

寝室は8畳になっていてリビングリビングの方から出入りする形になります。
寝室にはウォークインクローゼットが3畳あります。

収納もたっぷりあって東窓から朝日が入り快適なスペースになります。

イニングの横に洋室6畳がついていてこちらの方が引き戸を開放して
リビングダイニングと一体化していくことができるので
寝室として使わない時でも趣味の部屋とか家事室などに使うこともできます。

そしてもう一つ北側に洋室6畳の方があります。

こちらの方をベットルームに使うことができて
このプランで行くと子供2人と寝室を夫婦で使うと
四人家族でも住むことができるという風になります。

またゲストルームとして使っていくことであれば
夫婦だけで住むということもできます。
そして洗面脱衣室の方が2畳あってトイレが一畳、
浴室の方は2畳の一坪タイプのお風呂になっています。

廊下の方に物入れがあって納戸のように使う形になっています。

例えば家族が多くないっていうことであれば洋室を
和室にして引き戸を開放できるというようなプランにもできます。

これだと夫婦あるいは夫婦と子供一人とか
一人暮らしというのが想定出てきます。

一人で住むということであれば、たくさん部屋がなくても良いので
部屋数を減らして各部屋を広くすることもできます。

寝室10畳の寝室8畳の二つの部屋にしてリビングと一体化することで
ワンルームのように使うということができます。

一人暮らしの想定でしたら、広い寝室があって
部屋は趣味の部屋にしても、仕事や趣味のスペースにするのも良いでしょう。

収納類だけで20%弱19%ぐらいの収納量になっているので
収納量も豊富になってるかなといったところです。

さらにゆったりするスペースにするのに
トイレを大きくするとかそういうプランにしても多いと思います 。



カテゴリー: 30坪 間取り,新築 間取り 人気,新築 間取り 平屋 | Tags: , ,

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。
新築間取りの上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村