39坪5LDKペットルームとフリースペースのある家の間取り図

今回は39坪4LDKのペットルームのある間取りの紹介です。
て2階の方には広いフリースペースがあります。

玄関ホールは南玄関で4畳のスペースがあります。
そして奥の独立階段で2階へ上がるといった形になります 。

LDK の方は南の方にリビングとダイニングが面している。
明るい部屋で18畳の広さになっています。

キッチンは対面式になっていてリビングと
ダイニングの方を見渡せるようになっています。
リビングダイニングの方が掃き出し窓で庭の方に出ることができます。

キッチンの横には勝手口もついていて収納量も多くなっています。

そしてリビングに開放できるようにベッドルームがあります。
3畳のスペースでこちらはペットのためのスペースになります。

ペットルームと書いたけれども別に学習室など他の使い方でもいいと思います。
収納スペースにしてもいいと思います。

1階には他に洋室5畳があります。

ペットルームのように一見無駄なようなスペースを作ることによって
生活も広がり、マンションとか企画の住宅と違ったところが生まれてきます。

ゆとりが注文住宅の醍醐味になってくると思います。

合理的に何も無駄のないスペースを作るのも大事ですけれども
それだと企画の住宅のプランなって予算を投じた意味が
半減してしまうともうこともあります。

3畳だけでも何か自分の生活を変えていくようなスペースも
無駄を設けていくっていうことも一つの方針になってくるんだと思います。

1階の方には水周り洗面所風呂とトイレがあり
階段登っていくと2階に8畳ぐらいの先ほどよりも更に広い
無駄なスペース、何に使うかわからないのスペースがあります。

セカンドリビングに使ってもいいし
ゲームコーナーとか学習コーナーにしてもいいと思います。

そこから後から仕切ることで個室にできる子供部屋も想定の部屋があります。

後から仕切るためにドアも二つ収納も二つ付いています。
コンセント関係もあとから2室に分けるという想定でつけていく形になります。

寝室は8畳でウォークインクロゼット付きで洗面所トイレもう2階についています。

フリースペースの用途は各家族で考えていくようになります。
さらに子供部屋を小さくしてフリースペースを広げることもできます。

フリースペースを設けることで今までマンションではできなかったことが
たくさん考えられるという可能性がで生まれています。

30坪3LDKの小屋裏収納のある平屋の間取り図

今回のプランは30坪3 LDK の小屋裏収納のある平屋の間取りです。

玄関は北玄関なっています。
北道路の想定で北側に駐車場をつくるという具合になります。

玄関ホールを入ると下足箱と土間収納があります。

そして奥の方にはコートなどをかけるクローゼットがついています。

南の方には18畳の LDK そして寝室8畳が配置されています。

リビングもダイニングも南の庭に面して大きな掃き出し窓が付いています。

キッチンは対面式で背面の収納も広くくなっています。
そして勝手口から庭に出るということができます。

東側には洋室6畳があり1畳のクローゼットが配置されています。
西側にも6畳があり1畳のクローゼットがあります。

こちらの方は子供部屋としてベッドルームに使う想定になっています。

寝室8畳の方には3畳のウォークインクローゼットがついています。

洗面脱衣室の方は洗面と洗濯機そして物入れが付いています。
リネン庫的な感じでタオルとか下着とかを入れておくのに十分なスペースがあります。

そしてトイレは廊下に面しています。

洗面脱衣室の物入れの上の方に階段で小屋裏収納に登っていくスペースがあります。

階段で登っていくのでダンボール箱に入った荷物などを持って
上がりやすい形になっています。

6.5畳の小屋裏収納はさらに広くすることができますが
リビングダイニングの天井を高くするという想定のため
リビングかダイニングの上に小屋裏収納スペースを作らないようにしています。

ダイニングの上の方にも小屋裏収納を大きくすることも可能になりますので
収納量をさらに増やしたい場合は天井の高いところを少なくしてあげれば
さらに収納量を増やすことが可能になってきます。

平屋の間取りというのは2階に部屋がないので
LDKや各部屋の天井高くするといった工夫ができます。

この間取りは長方形で整然としたシンプルな形になっているので
屋根の形状もシンプルに作ることができます。
平屋の住宅はシンプルだと屋根が二階建てよりも見やすくなっているので
より美しい外観を作ると言ったことができます。

屋根の素材も気をつけて作った方がより美しい外観なってきます。

また2階建てと比較して行くと風を受ける面積も少なくなるので
台風などの災害に対しては二階建てよりは比較的強い住宅になってきます。

廊下を通って各部屋に行くようになっていますが
この廊下をなくしてリビングリビング広くするといったことも可能です。

気に入らない場合はもう直接この廊下もリビングにしてしまって
広く使うということもできます。

今回は小屋裏収納のある平屋の間取りの紹介でした。
30坪という小さいスペースで家族で住むことができるプランになっています。

狭小間口に建つ34坪4LDKの2階リビングの間取り図

今回のプランは34坪4 LDK の細長い敷地に建つ間取りです。

狭小間口の敷地に建つブランで限られた間口に
幅の狭い住宅をつくる方法にです。

1階の方は洋室5帖が二部屋と7畳の寝室があります。
2階の方に LDK と水回りとそして洋室5畳があります。

二階リビングの間取りで南道路の想定になっており
玄関は南側についていてで玄関ホールを入ると
奥に部屋があるといった感じになります。

玄関ホールは土間とホールの間が斜めになっていて
距離を長くすることで広く見せるという効果を狙っています。

子供用の洋室が5畳にの各部屋にはクローゼットが付いています。

廊下の方にも収納が2畳分あって収納量が多く確保されています。

寝室は7.5畳でウォークインクローゼットが2.5畳あります。

そして廊下から階段で2階の方に登っていきます。

LDK は17.5畳でリビングとダイニングとが
連続して広く見える間取りになっています。

二階リビングは上に部屋がないので天井を高くすることができます。
やねなりに天井を高くして開放的で
モダンなリビングを作ることが可能になります。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡すことができます。

リビングの方にリビング収納とダイニングに壁面収納があるので
LDK を片付けることができてすっきりした状態に
インテリアを保つことが可能になってきます。

水回りの方はキッチンの背面の方になっていて

キッチンから近いことから洗濯機とキッチンの距離が近くなります。
そのことで作業動線、キッチンの家事動線が近くなって
コンパクトにまとまる感じになります。

そして2階の 洋室5畳はLDK のそばにあります。

こちらは趣味の部屋に使ってもいいし
女性のための主婦の家事室に使うこともできます。

子供部屋に使った場合は子供3人といった5人家族の想定もできるので
こちらの方ダイニングの方を広くして6人掛け置くなどして
多い家族で生活することも可能になってきます。

今回のプランは細長い間口を利用して
4 LDK のプランを入れていくといった感じになってます。

34坪と標準的な大きさでバランスをとっているプランで
敷地を有効利用して間取りを作る方法でした。

学習コーナーとアイランドキッチンのある家の間取り図

今回は38坪4 LDK の学習コーナーとアイランドキッチンのある間取りです。

リビングの一角に作り付けの学習コーナーがあります。

カウンターは広く二人ぐらいかけれるスペースになります。

家の間取りを作成して建築した中で、
非常によく使われているスペースの中に学習コーナーがあります。

お子さんのいる家庭ではスペースの割に使用頻度が高く
コストをかけた以上に効果が出るスペースではないかと思っています。

というのは子供が小さいうちは学習コーナーというよりは
お絵かきコーナーのような形でキッチンから子供を見守りながら
キッチンで作業するといった形を取れます。

リビングでゲームとかしてもいいんですけれど
こういった創作するようなスペースがあることで
子供の成長にとって色々なプラスがあるのではないかと思います。

さらに小学校とかに入ってくると玄関ホールから家に帰ってきて
宿題をこの辺で済ませてそれから自分の部屋に行くスタイルの方が
比較的な学力がつきやすい傾向があると言われています。

実際に学習コーナーを作ったお家はどうかって言うと
私の作った住宅では効果があると思っています。

良い子供に成長していると思います。

学習するスペースを作ろうという親のスタンスっていうも
影響があるとは思いますけれども
それも手伝って非常に創造性があって賢い子供に育つ形になっています。

このプランはデッキ庭を囲んでリビングとダイニングが緩やかに分けられていて
アイランドキッチンがあることでぐるぐる回る動線計画になっています。

和室は玄関のそばに独立してあって押入れと床の間のある
独立性の高い客間のようなスペースゲストルームになっています。

トイレは洗面台も付いていて使い勝手の良さそうなプランになります。

シューズクロークもあって下足箱もあって
玄関収納も収納量の多いプランになります。

2階の方へはリビング階段で上がっていきます。

リビング階段というのは家族と必ず顔を合わせてから
2階に上がっていくという意味で
家族のコミュニケーションが濃厚になっていくと言われています。

2階に上がっていくとホールがあって
洗面脱衣室浴室ゆとりがあります。

子供部屋の想定の洋室は6畳で南に配置され
各部屋にはクローゼットがあります。

寝室は東に窓があるタイプでウォークインクローゼットが3畳ついています。

ベッドルームから近い時にお風呂があるので
逆に使いやすくなっています。

1階に水まわりがあるメリットっはキッチンから洗濯機に近いことです。

このプランでは各部屋からお風呂に入るのに近いので
使いやすいのではないかと思います。

間取りの特徴は学習コーナーとアイランドキッチンのあり
家族がですねほがらかには幸せそうに暮らせるような
LDK の風景が間取りから想像できると思います。

部屋を通らずにベランダへ出ることができる住宅の間取り図

今回のプランは44坪4 LDK の部屋を通らずに
ベランダへ出ることができる間取りの紹介です。

2階のバルコニーテラス、テラスのところに部屋を通らずに
出るということができるプランになります。

面積が限られている場合
各部屋にから通ってパルコニーにでる間取りが多くなります。

子供部屋を経由して外に出るという例では
部屋を通らなければいけないので
場合によっては自分の部屋を通られたくないという場合があります。

出来れば部屋を通らずに物干しのテラスに行くことができれば
便利であるということです。

今回は2階のホールからバルコニーテラス出れるようになっています。

1階の東の方には寝室8畳ウォークインクローゼット4畳があります。

リビングダイニングキッチンは19畳で対面式キッチンで
パントリー収納もあって背面の収納も広くなります。

非常に豊富になっています。

洗面室と脱衣室は分かれていてそれぞれ2畳のスペースです。

脱衣室にも収納スペースがあるので使い勝手が良くなります。

洗面室の横にすぐトイレがあるので、
トイレを使った後に幅の広い洗面台を使うことができるので便利です。

寝室の方はウォークインクローゼットではありませんが
壁面にずらっとクロゼットが並んで収納量が多く配置されています。

寝室に入ってすぐのところにちょっとしたカウンターがあって
鏡台に使ってもいいし、家事をするスペースとかパソコンスペース
いろいろな用途に使うスペースにもできるスペースがあります。

寝室の奥に行くと寝る部屋があってホテルの一室のような
ゆったりとした使い方もうすることが可能になっています。

子供部屋の想定の洋室は各部屋6畳しっかり取れています。

トイレは1階と2階にそれぞれあるかいったプランです。
今回は部屋を通らずに外にバルコニーテラスの方に出る
家間取りの紹介でした。

パントリーや土間収納なども収納も多くとれています。

和モダンの住宅、小上がりの畳ダイニングの間取り図

今回紹介するプランは36坪4 LDK のは和ダイニングのある間取りになります。

通常の LDK だと全部フローリングになっている形になるんですけれども
今回の間取りは対面式キッチンの前に畳コーナーがあって
こちらの方に座卓おいては和風のダイニングする間取りになります。

こちらのはダイニングの方は小上がりになって腰がかけられる程度
リビングのレベルよりも高くなった形になります。

掘りごたつ形式にしてもいいですし足を入れないような形で
畳コーナーにしてもいいと思います。

キッチンの方が畳のレベルより低い設定になっていて、
リビングの方から出入りできる形になります。

玄関ホールの方は少し和風をイメージして土間が多めに
細長い形で奥へ続くといった感じになります。

キッチンのそばにはリビング収納があり
奥の方には洗面室と脱衣室が分かれて配置されています。

風呂を使っている時でも洗面室の方は他の家族が使うことができるので
ストレスが軽減されます。

そしてトイレの方にも近いのでトイレを使った後にも
すぐ使えるといった便利な形になっています。

リビング階段を2階に登っていくと寝室が8畳あり、
そして寝室にウォークインクローゼットが3畳あります。

洋室は子供部屋の設定で各部屋が6畳になっています。

2階にも洗面とトイレがあるのでこれも混雑が避けられて
家族間の待ち時間とかストレスが軽減されることになってきます。

書斎が3畳あり、こちらは趣味のスペースとか
仕事を家に持ち込んでやると言ったスペースになります。

趣味のスペースにした場合でも仕事をする部屋にした場合でも
どちらも家計の足しになり、家主の収入をアップさせるスペースになります。

そのコストの効果はあるので、
旦那さんが欲しいと言った時に単純に駄目だと言うんではなくて
もう10年ぐらいで元が取れると考えるのも容易でしょう。

寝室が南に面しているので寝室から物干しにする形になります。
階段室からも行きやすい形になっており、
キッチンに行けるあるいは洗濯機のある場所に行けるので
動線計画は非常にコンパクトで便利で行きやすい配置計画になっています。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村