30坪3LDK一人暮らしの平屋の間取り図

今回の間取りは30坪3LDKの平屋の間取りになります。
こちらのプランは南道路の想定で南に駐車場取って、
庭を取っていくという形に計画しています。

ですがまあの西道路とか東道路の方のプランでも十分使っていくことができます。

玄関の方は南玄関になっていて玄関ホールを入るとシューズクロークが3畳あります。
シューズクロークの方は玄関土間からとホールに二つ出入り口があって
中で靴を脱ぐことができます。
玄関ホールのようにちょうど真ん中で段差をつけて半分は土間、
半分をフローリングにして壁面に収納とかあとはコートとかですね
そういったものをかける場所を作っていくというようなイメージになります。

ですのでその効果としては玄関の方に靴が散乱しないというのがあります。
シューズのシューズクロークの中で脱いで少し雑然としていても
玄関ホールの方がいつもスッキリ見えるというような効果が狙えます。

そしてリビングダイニングキッチンの方は21畳のスペースになります。
こちらの方は対面式キッチンになっていて
キッチンを中心にダイニングとリビングを見渡すことが可能になってきます。

キッチンから見た風景はリビングの南の窓越しに庭も見えて行きますので
開放的で健康的なプランになってきます。
平屋というのは2階に部屋がないので
天井を屋根勾配なりに高くしていくことができます。
上の方にも広く横にも広がりがあって
モダンなリビングを作っていくことができます。

寝室は8畳になっていてリビングリビングの方から出入りする形になります。
寝室にはウォークインクローゼットが3畳あります。

収納もたっぷりあって東窓から朝日が入り快適なスペースになります。

イニングの横に洋室6畳がついていてこちらの方が引き戸を開放して
リビングダイニングと一体化していくことができるので
寝室として使わない時でも趣味の部屋とか家事室などに使うこともできます。

そしてもう一つ北側に洋室6畳の方があります。

こちらの方をベットルームに使うことができて
このプランで行くと子供2人と寝室を夫婦で使うと
四人家族でも住むことができるという風になります。

またゲストルームとして使っていくことであれば
夫婦だけで住むということもできます。
そして洗面脱衣室の方が2畳あってトイレが一畳、
浴室の方は2畳の一坪タイプのお風呂になっています。

廊下の方に物入れがあって納戸のように使う形になっています。

例えば家族が多くないっていうことであれば洋室を
和室にして引き戸を開放できるというようなプランにもできます。

これだと夫婦あるいは夫婦と子供一人とか
一人暮らしというのが想定出てきます。

一人で住むということであれば、たくさん部屋がなくても良いので
部屋数を減らして各部屋を広くすることもできます。

寝室10畳の寝室8畳の二つの部屋にしてリビングと一体化することで
ワンルームのように使うということができます。

一人暮らしの想定でしたら、広い寝室があって
部屋は趣味の部屋にしても、仕事や趣味のスペースにするのも良いでしょう。

収納類だけで20%弱19%ぐらいの収納量になっているので
収納量も豊富になってるかなといったところです。

さらにゆったりするスペースにするのに
トイレを大きくするとかそういうプランにしても多いと思います 。

40坪4LDK収納の多い住宅の間取り図

今回のプランは40坪4LDKのファミリークローゼットのある間取りになります。
このプランの特徴はキッチンのそばに洗面脱衣室とお風呂があって
その洗面脱衣室の横に3畳の広いファミリークローゼットがあることです。

こちらの方は帰宅してすぐにカバンや服とかを収納する他に
ファミリークローゼットかの方で着替えもできます。

服や日用品を各部屋の自分の収納以外に家族で共有する
ファミリークローゼットに入れておくことで
毎日の支度を便利にしたいというところが狙いとしてあります。

玄関ホールの方は南玄関になっていてシューズクロークの方が3畳弱あります。

南道路で玄関のほうは南玄関になっています。
玄関にシューズクロークがあって2ヶ所から出入りすることになっています。

玄関土間の方からと玄関ホールから2箇所から出るようになっていて
中で靴を脱ぐことができるので玄関のたたきの部分に
靴が散乱しないというメリットがあります。

シューズクロークの中で靴を脱いで入るという形の生活もできるということですが
もちろん普段使いですので玄関の所に靴が並んだら片付けるのもいいと思います。

トイレは玄関に入ってすぐのところにあって
手洗カウンター付のトイレになっていますので
広くてですね使いやすいゆったりとしたスペースになります。

トイレをもう少しでも広くしておくことで20年30年40年と使っていく
住宅のにスペースが使いやすくなっていきます。

玄関ホールを入ってすぐの和室6畳の方は独立しており
階段下を利用して収納が設けられていて
ゲストルームや書斎などオールマイティに使うことができます。

リビングダイニングキッチンは20畳のスペースになっていて
リビングとダイニングをゆるやかに繋ぎながら一体化していプランになっています。

キッチンは対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができます。
勝手口もあり使い勝手の良い間取りになっています。
洗面室浴室ファミリークローゼットが近いことから
作業動線ですね家事動線が非常にコンパクトになって使いやすくなります。

リビング階段で2階に登っていくプランをちょっとアレンジを加えて
引き戸つけることによって冬に暖気が上がらないような形になっています。

リビング階段なってるけども閉めておけば独立した階段なるといった造りになります。
そしてリビング収納、物入れがあるのでリビングでもの散乱しないで使うことができます。
階段を上って2階の方に寝室8畳ウォークインクローゼット、
そして子供部屋の想定の洋室6畳が二部屋あります。

寝室のウォークインクローゼットは非常に広く4畳というスペースになってます。
洋室6畳の方には各部屋にクローゼットがついていて
少し小さめですけれども1階のファミリークローゼットで補います。

洗面とトイレもう2階にありますので1階と2階で2か所ですねあります。
朝とか夜に同じ時間に使いたいという場合に混雑が避けられるので
家族のストレスが軽減していくことはできます。

納戸も4畳で広い収納がありますので収納量も多く確保されています。

全体の延べ床面積に対してクローゼットとか一階のシューズクロークとか
ファミリークローゼット合わせていくと22%ぐらいで
20%を超えているような収納の多さになってますので
非常に収納量の豊富な住宅の間取りになっています 。

この間取りの良い所は収納の多いところで特にファミリークローゼットが
洗面脱衣室の横に設けているところで使いやすくなっています。

またシューズクロークも3畳近くの広さになって、
トイレにも手洗いカウンター収納があります。

リビング収納もあって2階に広い4畳の納戸もあるのが特徴になっています。

また LDK 20畳と広く使いやすい感じになってるのでゆったりと使えると思います。

今回はファミリークローゼットのある間取り
収納の非常に充実した間取りを紹介してきましたこの間取りでした。

40坪4LDKアイランドキッチンで回遊性のある間取り図

今回の間取りは40坪4LDKの回遊性のある間取りになります。
敷地の方は南道路になっていて南の方に駐車場2台を並列のプランになっています。

また庭の方も南の方に配置されていて建物の南の方は駐車場と庭になります。

玄関ホールは南の方に配置され南玄関になっています。
南の玄関ホールに入って東の方にリビングとダイニングそしてキッチンがあります。

キッチンの方はアイランドキッチンなっており
キッチンを中心にぐるぐると回ることができる回遊性のある間取りになります。

ダイニングの方にも行きやすくリビングの方にも通り抜け易くなっており、
さらに背面の方の脱衣室の洗濯機の方や風呂に行きやすいようになっています。

アイランドキッチンで間取りに回遊性を作ることで
作業動線、家事動線をコンパクトにしていくという効果を狙っています。

また洋室8畳が西側にあっておくにクローゼットが付いています。
そして和室の6畳が押し入れ付きでこちらの方はゲストルームに使うことができます。
こちらは洋室に変えてもらっても良いと思います。

洗面室と脱衣室は別になっているのでお風呂を他の人が使っている時でも
洗面台を使うことができるので家族間のストレスは軽減されると同時に
同じ時間でバッティングしてもスムーズにつかうことができます。

トイレを使った後でも近くに洗面台があるので手洗いにも便利です。

階段を上って行くと二階の方に六畳の部屋が二部屋で
各部屋にクローゼットがついているという形になります。

トイレは1階と2階に2箇所設けられています。

子供が独立した後に一階のスペースだけでも生活が成り立つ間取りになります。
ですからたとえば六十歳とかの場合に階段を登らずに生活ができます。

駐車場から寝室の方も行きやすい間取りになります。
というのは例えば誰かが体が悪くなった時に駐車場側から車椅子
もしくは移動用のベッドなどで窓から家に入っていくことができます。

直接駐車場から窓に入る方が便利なケースもありますので
そういった駐車場に近いところに寝室を設けているのも配慮した点になっています。

デッキ庭の方に面してダイニングとリビングから出ることができて
非常に開放的でさらにそこにキッチンが面しているというところも良いところです。

ダイニングの天井のところが上には部屋が無いので
ダイニングの天井は屋根なりに高くすることができます。

23坪3LDK家族で住む平屋の間取り図。ロフト収納付き

今回の間取りは23坪3LDK の平屋の間取りになります。
敷地の方は南西道路の方向になっていて並列の駐車場が2台取られています。

南東の方角にはベッドルームが3部屋取られています。
5.2畳の洋室が2部屋と6畳の洋室が配置されています。

夫婦の寝室と子供部屋が二つというようなイメージになります。

玄関ホールにはシューズボックスとコートを入れるクロゼットのスペースがあります。
そしてその北側にいくと16畳のリビングダイニングキッチンがあります。

対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができる間取りで
勝手口で外の方に入れることができるようになっていて
背面の収納も非常に広くてまあキッチンの収納もたっぷりあります。

平屋ですのでダイニング床のリビングの上の方は天井を高くすることも可能です。

洗面室と脱衣室は別になっていて洗面室を経由してトイレと脱衣所の方に入ります。
浴室の方は2畳で脱衣室は2畳ぐらいのスペースになっています。

また脱衣のスペースには収納スペースがありますので
そちらの方にたくさんタオルとか下着とかも入れることができます。

洗面室と脱衣室が分かれていてトイレが洗面に近いので
トイレを利用した後に洗面室を使うことができます。

また廊下の一部から2階の方に上がっていくと小屋裏収納、
ロフト収納が9.5畳配置されています。

一階の方も各部屋にクローゼットの収納玄関に収納そして階段下収納とか
キッチンの背面の収納も広く脱衣室の所にも収納はありますけれども

ちょっと広さが心もとないなというような感じもします。

一階のスペース一回の収納スペースだけだと9%を下っていく形になってきます。

一般的には全体の面積の13パーセント以上収納の比率があればよいのですが
8%ぐらいになっているのでちょっと少ないなと印象でした。

ですのでロフト収納をつけていくと22%以上20%以上確保されているので
かなり収納が多くなって使い勝手の良い間取りになっていきます。

こちらの間取りの良い所は各部屋もリビングダイニングも
南の光を入れられるようになっています。
弱点としてはま道路に非常に家の玄関が近いというようなことはあります。

36坪土間収納のある4LDKと5LDKの間取りシュミレーション

今回のプランは36坪4LDKの西玄関の間取りになります。
間取りは36坪4LDKになっていますけれども、
これを5 LDKに増やしてみたいと思います。

こちらの間取りは西道路の敷地にあって駐車場が並列して駐車できます。
玄関ホールに入っていくとシューズボックスと土間収納があります。
土間収納があるせいで非常に収納量が豊富になっています。

玄関を入ってすぐのところに手洗いがあるので、
帰ってきてすぐ手を洗うことができるのとトイレもすぐ使うことができます。

独立階段で二階の方に行きます。
リビングダイニングキッチン19畳の方に入って行くと
キッチンの方からダイニングとリビングを見渡すことができます。

和室の4.5畳がリビングとダイニングに接していて
引き戸を開放するとリビングダイニングと一体化します。

対面式キッチンの方からはリビングダイニングと和室を見渡すことができます。
和室の方には押入れがついていてダイニングの方にも収納があるので
部屋を片付けるのに都合のいいようになっています。

ダイニングのスペースが東の窓に面しています。
独立階段で2階に上がっていくと寝室八畳ウォークインクローゼット3畳
そして子供部屋の想定の5畳の部屋が一つと6畳の部屋があり
ウォークインクローゼット2畳があります。

洗面室とトイレの方が一階と2階に2箇所あるので家族が多くなっても
朝夜の混雑が避けられるようになっています。

こちらの方は4LDK で子供二人と夫婦二人で住むという形になっています。
こちらの方を36坪という一般的な広さで5人家族が住めるように
2階のベッドルームを増やしてみます。

2階の方を洋室4.5畳の部屋を3部屋にします。
三人子供がいてそれぞれが個室を持つというスペースにしました。

先ほどの納戸のスペースは消えてしまっていますけれども
各自の個室を得ることに成功しています。

ダイニングは6人掛けのテーブルを置くことができますし
背面の収納も広くてキッチンの方は使い勝手が良くなっています。

(36坪4LDKと5LDKの間取りシュミレーション)

41坪4LDK老後夫婦で住む縁側のある間取り図

玄関ホールには2畳の土間収納とカウンター式のシューズボックスがあります。

リビングダイニングキッチンは26畳で6畳の和室が隣接します。
リビングダイニングキッチンの一部が縁側になっており
縁側から和室に出入りできるようになっています。

キッチンはアイランド式になっており、
6陣崖のテーブルのおける広いダイニングスペースがあります。

キッチン背面iはパントリー収納があり
キッチン脇には作り付けのカウンターの家事コーナーがあります。

リビングは広く、寺日の背面には3畳の広いリビング収納があります。
リビング収納があることでLDKをいつも方付けられることができます。

東側には寝室8畳とウォークインクロゼットがあります。

キッチンの背面には洗面室と脱衣室などの水回りが配置され
キッチンから近いことから家事動線もコンパクトになっています。

洗面所と脱衣室が別になっていることで脱衣室とバスルームを
家族の一人が使用しているときでも洗面台を使うことができます。

洗面台は幅広く鏡も広いのでインテリアも美しくなっています。

トイレは1畳で洗面室のそばにあるのでトイレ使用後にすぐ洗面台を使うことができます。

また玄関に洗面台が近いことから帰宅後に洗面台をすぐ使うことができます。

二階への階段はリビング階段になっています。
2階の部屋は2室あり子供部屋に使用できますが
今回の間取の設定では子供が帰省時に使う部屋として作っており
一階だけで生活が成り立つようにできています。

平屋のように使用できるプランになっています。

(老後二人で住む間取りシュミレーション)

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村