テレワークのできる家の間取り図

今回は55坪5LDK のワークスペースのある間取りを紹介していきます。
今テレワークとか家で仕事するっていうことが推奨されている時代でもあるので
そういった時代を反映して本来畳スペースとかがありそうな所に
リビングの一角に四畳半ほどのワークスペースを作っています。

こちらの方は2段40センチほどリビングから上がっていて
少しで視覚的な面白さを加えています。

敷地の方は南道路になっていて南玄関の方から入ってきます。
一階にゲストルーム的な寝室が一つあって
そしてリビングとダイニングが分かれて配置されています。

広い玄関ホール入っていくと正面の所にシースルーの階段が見えます。
シューズクロークは2.5畳のスペースで玄関側とホール側から出入りができて
中で靴を脱ぐということができます。

西側の方にダイニングキッチンの方があり、
たくさんの人数が入れるように広いスペースになっています。

またパントリー収納も2.5畳と広くなっていて
東の方にリビングの方が14畳+4.5畳のワークスペースがあります。

リビングの一角は吹き抜けていて天井が高くなっています。
ゲストルーム的に使う寝室で10畳はウォークインクロゼットがあります。

帰ってきてすぐ手を洗うことができるように玄関近くに洗面スペースがあって
トイレもベッドルームや玄関から行きやすい距離になっています。

そして脱衣室の方は3.7畳と広くなっていて2.5畳あります。
1..25坪タイプのお風呂がついています。

2階の方は洋室6畳が3部屋、そして寝室10畳がひと部屋
ウォークインクローゼット2.7畳がついています。

子供部屋は各部屋にクローゼットが付いていて
2階にも洗面とトイレの方があります。

間取りの特徴はこのワークスペースのところとかパントリーのところ、
あとは全体的にゆったりとしてるところです。

間取りはワークスペース、テレワークのできるスペースが特徴で
リビングの一角で仕事場やオンラインの会議をすることができます。

仕切ることができるので周りの人や家族、リビングが映ることもありません。

蔵収納のある面白いスキップフロアの間取り図

今回紹介するのは46坪5LDKのスキップフロアのある間取りです。

蔵収納がある間取りになっていてリビングとダイニングのところで
1 M ぐらいの段差があって空間に面白みをつけています。

5 LDK と言っても寝室10畳そして2階の子供部屋になる洋室が二部屋と
1階に書斎が二部屋、主婦室と書斎と書いてありますけれども
3畳の部屋が二つというような構成になっているので
実質は3 LDK +二部屋の書斎になります。

玄関は南玄関になっていて道路は東道路の想定になっていきます。

東の方に駐車場2台を停めて玄関に入っていくと広い玄関ホールがあり
シューズクロークが3畳あります。

リビングダイニングキッチンリビングの方が広くて、
12畳のスペースがリビングに割り当てられています。

玄関もリビングも天井が高くなっていてリビングの方から洗面室、
そしてトイレ脱衣室、浴室の方に入っていくような配置になります。

またリビングを経由してダイニングの方に5段ぐらい上がって、
1 M ぐらいの高さのところににダイニングがあります。

そしてダイニングから上に登っていくと2階の方少しホールは
廊下を広くして洗面、トイレrと収納があります。

1階の方に寝室10畳と手前に書斎が二部屋があります。
寝室にウォークインクローゼットが3畳、
浴室との間にもファミリークローゼットが2畳ついています。

玄関の方がまあ天井が高くなってリビングも少し1.5階ぐらいの天井高になります。
5段ぐらい上がってダイニングそして、子供部屋の方に入っていきます。

ダイニングのところからは子供の名前を呼ぶと扉の向こうに
声が掛けられるこのように繋がってます。

このプランの特徴としてはスキップフロアを利用して蔵収納があって
収納も大きく確保できるというところです。

裏動線で廊下を通って寝室に行きます。
書斎のところも奥まっているところにあります。

巨大な片流れになっていて内部の印象がスキップフロアがあるという形になってきます。

面白いだけではなくてスキップフロアで子供部屋の繋がりとか
子育てにも影響しそうな印象は分かっていただけたと思います。

配置のデザインだけでなく、長く子供の成長とかにも影響しそうなプランニングです。
それは面白さだけじゃないという感じです。

家事室とパントリー収納のある家の間取り図

今回紹介するのは43坪5LDKの家事室とシューズクロークが連続して
通り抜けられる間取りになります。

キッチンはアイランド式キッチンで家の中心に配置されています。

そしてそのキッチンから家事室を経営してシューズクローク、
そして玄関へ通り抜けることができます。

家に帰ってきた時に荷物をシューズクロークの方から家事室に
一時置きしてそしてキッチンの方から後から取りに行くということができます。

キッチンのそばにはパントリー収納もあるので
これも家事室と連続連動しながらキッチンを中心に快適に使うことができます。

玄関ホールの方、玄関ポーチを入っていくと洗面手洗いカウンターがあります。
家に帰ってきてすぐ手を洗うということが重視されている時代ですので、
家に帰ってきて手を洗うために玄関ホールや玄関土間に手洗い器をつけます。

リビングダイニングキッチンは家の中心に配置されていて
リビングに対して和室4.5畳が隣接しています。

キッチンはアイランド式キッチンでキッチンに対して
ダイニングのテーブルが連続して直線のアイランドを作っている形になります。

そして西側の方にシースルーの階段がつけられていて、
インテリアも開放的に作られています。

西側の方に寝室8畳が配置されていて将来的には一階だけで暮らすこと可能になります。
寝室の南側にサンルームが設けられていてこちらは観葉植物を置いてもいいし、
部屋干しのスペースにしていただいても結構です。

和室とリビングとサンルームの方の南側にウッドデッキのテラスがあって、
そちらの方に掃き出し窓から出ることができます。

寝室には物入れと広めのウォークインクローゼットがあります。
ダイニングの奥の方に洗面室とトイレ、脱衣室、浴室があります。
浴室は1.25坪タイプ、2.5畳の広いタイプになります。

脱衣室と洗面室が分かれていて脱衣室の収納も広く、
高窓から洗面脱衣の方に光を降り注ぐようにしてあります。

トイレは手洗いカウンターもついてタンクレスのトイレでゆったりしています。
2階の方を少しダイニングとの連続した吹き抜けのスペースがあって
2階にも洗面とトイレがあります。

南側に書斎的に使うようなセカンドリビングがあります。
学習コーナー的に使ってダイニングとの連続したスペースで
声の届くところで勉強するというのでもいいと思います。

こちらのセカンドリビングを書斎以外にもプレイルーム遊び場として使うことができます。
子供の成長とかに合わせて色々なスペースになります。

子供部屋5畳の設定になっていて、そんなに大きくないスペースになります。
2階は将来的に使わなくなっても1階の方で広く使っていくというので
一階の面積の比重を置くしてあります。

リビングダイニングは吹き抜けではなくて勾配天井にしています。

屋根の向きを一階と二階で変えただけでデザインしたという作り方
今回のプランというのはアイランドキッチンで回遊性があって
色んな所にキッチンからつながっていくようなプランになります。

ユーティリティーとアイランドキッチンのある住宅の間取り図

42坪4LDKの寝室のそばにユーティリティのある間取り
そしてアイランドキッチンでセパレートになっているタイプ
パントリー収納のある間取りを紹介していきます.

敷地の方は北道路になっていて北側の方から入っていきます。
玄関ポーチに入っていくと玄関ホールの方3畳ほどのスペースですけど
横の方に広がっているので少し広がりを感じられるようになっています。

西側の方にトイレと洗面脱衣お風呂の方があります。
玄関からは見えにくい位置に入り口があって
実用的には各部屋から近いのだけれども玄関から見えにくい形になります。

玄関付近に納戸1.5畳があります。

そしてシューズボックス、リビングダイニングキッチンの方は21畳で
東の方と南の方に窓があるような配置になっています。

キッチンの方はコンロとシンクの方が分かれている
セパレートしているアイランドキッチンになります。

キッチンの側面の方にパントリー収納などが配置されています。
リビング階段で2階へ上がっていくような形になります。

そして和室6畳が床の間と押入れ付きでリビングの横に配置されています。
こちらの方は引き戸で開放することによってリビングと一体化して使うことができます。

また南側に出ることができる明るい配置になっています。
ユーティリティ3畳のスペースがあります。

主婦専用のユーティリティーは洗面脱衣と寝室の間にあります。
洗面脱衣の方とトイレの方収納も付いていて広さを少しゆったりめに作っています。

2階に上がっていきます。
2階の方は東側の方へと南に二部屋子供部屋の設定になっています。

南側の方によると3畳があります。
これは多目的に使うスペースで1階にユーティリティ、
主婦専用の部屋を設けていますのでこちらの方は
どちらかと言うと旦那さんの方は使うか
もしくはこちらを物干しの専用にスペースにする使い方でもいいと思います。

バルコニーは屋根付きになってるので
こちらは天日干しするのにも都合のいいようになっています。

2階の方に洗面と収納のスペースとトイレの方もありますので
一階の方で混雑している場合でもお風呂を使って洗面が使えない場合でも
2階の洗面を使うということが可能になってきます。

箱型のボリュームが二つ重なったように見える外観にしています。
洗面とかトイレのところは外から見えない家の高い所に配置されています。

南の方はリビングや和室、寝室の方は外に出れる縁側のところと
庭の方に面して明るい大きい窓があります。

2階の部屋も南に物干しバルコニーがあるので
そちらに出れる広い窓が配置されています。
西側の方はもう小さい窓にしてあります。

間取りの特徴になっているのはユーティリティのになります。
寝室の方から通って洗面脱衣の近くの方に中間に配置されていることによって
洗面脱衣の方から寝室に入っていく途中でユーティリティが設けられています。
主婦の部屋があるという形になります 。

アイランドキッチンはシンクの方とコンロが分かれるセパレートのタイプです。

今回の間取りは一階のボリュームの方が大きくなっています。

1階の方に寝室があって2階の方を使わなくなったとき
子供成長とともに使わなくなった場合でも
一階で平屋に住むということが可能になってきます。

寝室と和室二部屋とリビングダイニングキッチンユーティリティなど
収納力もあって一階で上に移動せずに暮らすというイメージです。

主婦室のある家の間取り図

今回紹介するのは45坪6LDKの主婦室のある間取りになります。
1階のキッチンのすぐそばに主婦室があります。

キッチンを中心にパントリー収納や物入れ主婦室が充実しているので
奥さんの使い勝手の良い住宅になっています。

敷地の方は南道路になっていて南玄関の方から入っていきます。
並列駐車2台があってポーチの方に入ってきます。

玄関には広い玄関土間があります。
玄関土間に対して和室4.5畳が引き戸を開放してオープンになるような形に
独立して配置されています。

シューズクロークは2畳あって玄関ホールと玄関土間の2箇所から出入りができて
中で靴だけでなくベビーカーを入れたりとかスポーツ用品入れたり
機能性の良い収納になっています。

玄関土間は奥に続いていて奥に土間収納が配置されています。
和室には押入れ一畳があります。

リビングダイニングキッチンの方に入っていくと22畳の広いリビングが広がっています。
南の方の庭の方に掃き出し窓が大きく開放されていて庭に出ることができます。

ダイニングキッチンの方はキッチンとダイニングの方が一直線になっていて
つながりのあるデザインをすることができます。
天井で仮設照明など工夫するとよりインテリアが楽しめるようになります。

アイランドキッチンになっていて回遊性のある家事動線になります。
キッチン背面の収納もパントリーも広く物入れも充実しています。

主婦室は3畳あって主婦専用の趣味の部屋として使うことができます。
開放してダイニングと一体化することもできます。

洗面室とトイレの方は1階に階段の奥の方に配置されていて
洗面台も広くホテルのようなインテリアも楽しむことができます。

トイレの方はタンクレストイレになっています。
そしてリビング階段を2階に上がっていくと階段の上部にホールがあります。
夫婦の寝室8畳と洋室6畳が二部屋、子供部屋の想定で南の方に配置されています。

2階の階段すぐのところに洗面室とトイレ脱衣室があります。
トイレのすぐそばに洗面台があるので使いやすくなっています。
またお風呂と脱衣室と洗面が分かれているので
お風呂を誰かが使っている時にも洗面台を使うことができます。

また一階の洗面台と2階に洗面台がありますのでバッティングする時間帯でも
二つのエリアで支度をすることができます。

2階に書斎は旦那さんの部屋に使えるので
一階の主婦の部屋も専用に使って平等に充実した生活を送ることができます。

また和室独立した和室があるのでこっちの趣味の部屋に使うこともできます。
間取りは全体的に南の方明るい部屋が多くあります。

外観も窓が広く明るく各部屋が明るくなっているデザインになっています。
明るさ快適さ快活さを重視しています。

和室の土間のところにも下に地窓が切ってあって
下からの明かりで足元をふんわりと照らすようにしています。

老後に住む20坪1LDKの小さな平屋の間取り図

今回のプランは20坪の1LDKの平屋の間取り図で南道路の想定になっています。

こちらの方は南の玄関から入っていくとLDKの方が18畳、
そして東向きに寝室があるという形です。

間口が少し狭いので幅の間口の狭い敷地に対しても建築がすることができます。

LDK の方から洗面室そして脱衣室の方に入っていきます。
寝室が8畳でリビングに開放できるようになっています。

ウォークインクローゼットが3畳ついています。
収納が少なめな感じになってるので屋根の高いいところを利用して
小屋裏収納ををつけることができます。

トイレが窓がないような配置になってるので
ちょっと気になる方もいるしれませんけれども
マンションと考えれば換気扇等の対応で考えられます。

一人暮らしであれば匂いの問題とかも一時的なので
納得できるかっていうところになってきます。

キッチンは対面式キッチンで背面の収納も広くなっています。
リビングの南側にはウッドできテラスがありテーブルも置くことができます。

キッチンからは脱衣室の洗濯機も近くなるように
入り口も増設されており、家事動線がコンパクトにまとめられています。

少し外観を見てみましょう。
L字型になっているので屋根の形状も奥行きがある立体感のある形状になってきます。

屋根の高いところを利用してロフトを作っていくような形になってきます。

小さな平屋の間取りですので小ぶりで面積も小さく
購入のしやすい間取りになります。

窓も多く天井も高くできるので
明るい場所も多くて快活な間取りになります。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ