家事コーナーのある住宅の間取り図

今回は38坪4LDKの家事コーナーのある間取りになります。
玄関ホールの方は南の方になっていて南道路の想定になっています。

南の道路から駐車場とか庭を配置して
そして南東の方角の方に玄関ホールを設けています。

玄関ホールの方は4畳と奥に広いタイプになります。
そして土間収納と玄関のシューズボックスがあります。

玄関入ってすぐのところにトイレ配置してすぐ使うことができます。
玄関の正面に扉がないので見えにくくなっています。

リビングダイニングキッチンは20畳の広さでキッチンは対面式キッチンです。
キッチンの横に作り付けのカウンターの家事コーナーが特徴になります。
こちらの方は主婦専用の家事スペースになります。

例えばダイニンこのところで作業してもよいのですけれども
作業して買い物に行ったりあるいは他の用事をしに行くということになると
一時的におきっぱなしになるとかいうことになります。

おやつとか食事をするとなると一回片付けなければいけません。
作業するのに1回中断するというのが非常に苦痛になってきます。

こちらの家事コーナーがあれば誰でもパソコンとか他の作業するのに
中断したとしてもまたここで再開することができます。

奥の方には洗面脱衣室と浴室があります。

リビング階段の方になっていて階段の下の収納を
洗面脱衣室から使うことができるので
リネン庫的に洗剤とかですねタオルとかを入れる収納に使うことも可能にです。

リビングダイニングキッチンに対しては
和室を引き戸で開放できるようになっているので
少し広がりを拡大していくこともできます。

こちらの方は玄関から入るように設定してもいいと思います。
和室の方は東の方に窓がある形で床の間と押入れ一畳があります。

リビング階段で2階に上がっていきます。
冬の暖かい空気が上に上がらないとかそういった形で
空調的な問題を解消するのにつけているものです。

2階にはフリースペースがあります。
このフリースペースを通って南のバルコニーに出ることができます。
バルコニーは東西に広く奥行きもあるので
物干しとか布団を身に非常に便利なスペースになっています。

フリースペースの方は天井に物干し竿などをつけるとかして
物干しスペースに使ってもいいし
勉強スペースとか読書スペースに使えるような広さにしてます。

廊下にするのではなくて倍ぐらいの幅にすることで
使えるスペースにしたというようになります。

洋室6畳が二つあって東の方と南の方から窓を取っています。
各部屋にはクローゼット一畳がついていて
寝室の方は8畳のスペースウォークインクロゼットが3畳の大きさになります。

2階の方に洗面とトイレがあるので1階のトイレとか洗面を
他の人が使っている場合でも2階を使うことができるので
自分が使いたい時に使えないストレスというのは軽減されていきます。

今回の間取りの特徴は家事コーナーがキッチンの脇にあること
また2階の廊下を広げていくことで物干しスペースとか
読書スペースとかいろんな使い勝手にできる間取りになりました。

蔵収納とフリースペースのある住宅の間取り図

今回のプランは43坪4LDKの蔵収納とフリースペースのある間取りになります。

特徴的なのはリビングに対して7段ぐらい登っていったところ
ちょっとだけ上の所にフリースペースが設けられているところです。

階段を少し登ってフリースペースから2階に上がっていくと
半分また半分が登るというようなイメージですです。

このフリースペースからはリビングを見下ろすことができるというようなプランで
リビングからはこのスペースを見上げるというような作りになります。

立体的な空間的な面白みというところがあります。

例えばこの辺に学習コーナーつくるとか遊び場を設けるなどフリーに使います。
さらにこの下に蔵収納というのを作ります。

1.4メートルの高さで延べ床面積に算入されないような収納スペースで
フリースペースと二度美味しい形にして面白みを作っています。

イメージ的には階段の踊り場が広いというようなイメージなので
そんなに複雑ではないスキップフロアの作り方になります。

難易度っていうのはそんなに高くないけども
面白みを作ることができる間取りになります。

リビングダイニングキッチンは20畳の広さで南の庭の接して
そして広く窓が取られて明るい健康的なプランになっています。

キッチンは対面式キッチンでダイニングそしてリビングの方を見渡すことができます。
また背面の収納も広くこの辺の蔵収納も近くなっています。

フリースペースも近いですからリビングキッチンからも
声がかけやすいという形になります。

キッチンからは勝手口の方から外に出ることもできるので便利です。
て寝室の方が8畳でウォークインクロゼットが3畳あります。

家族の成長に合わせて一階だけで暮らすこともできるプランになります。

洗面室は玄関入ってすぐのところにあるので帰ってきてすぐ手を洗う事が出来ます。

脱衣室と洗面台が別れているのでお風呂を使っている時でも洗面台を使うことができます。

トイレに手洗い収納も付いてゆっくりすることができるという形になります。
トイレを出てからすぐ手洗いを使うこともできます。
2階の方にはフリースペースを通って2階に上がっていきます。
間取りは個室の方が4部屋あるので5LDK なっています。
43坪5LDKでいろんな使い勝手を考えることができます。

子供部屋として使ってもいいのでは4人子供がいても
全ての子供に部屋を与えるということができます。

2階に洗面とトイレもあるので1階の洗面所が使われている時でも
2階を使うことができるので混雑してバッティングしてるような時でも
お互いのストレスを軽減するということができます。

2階に部屋数の多い間取りでしかもリビングに対して
フリースペースがあって何かあのリビングから声かけができる
色んな使い勝手に想像していくというような作り方のできる間取りです。

37坪4LDKの畳コーナーのある家の間取り図

今回のプランは37坪4LDKの畳コーナーのある間取りになります。

このプランはシューズクロークそしてパントリー収納リネン庫など
また2階の共用の物入れ、納戸など収納の多い間取りになっています。

4LDK でいろんなものがバランスよく敷地の中に入っています。
敷地の方は北道路になっていて並列で駐車して玄関に入るプランになります。

建物の間口は3.5間ですのでそんなに幅の広くない間取りで
細長い敷地、そして大抵の敷地には建つというようなプランになります。

ですから恵まれた敷地ではなければえ建築できないプランではありません。

玄関ホールに入っていくとシューズクロークが2畳あり
そしてシューズボックスが別にあります。

普段使いの靴とかはシューズボックスにおいて、
シューズクロークの中にも靴を入れていきますので
玄関土間とホールの間に靴が散乱しないで
いつもきれいに片付けるとことができます。

またホールに物入れがあるのでコート入れたり
あるいは他の物を入れる種収納スペースなってきます。

階段は独立階段で2階へ上がるようになっています。
水周りの方は洗面脱衣室や浴室やトイレの方がまとめられていて
洗面室の方にもリネン庫タオルとか洗剤を入れるような収納が備えられています。

リビングダイニングキッチンの方は18畳で対面式キッチンになっています。
そしてキッチンの方は背面の収納とさらにその背面に
パントリー収納が1.5畳取られています。

こちらの収納があることでいろんなものを収納して入れていくことができます。

そしてリビングの一角には畳コーナー、和室があって押入れがついています。
こちらの方は引戸を開放して使うようになっていて
閉じるとは個室になることからゲストルームにも使うことができます。

例えばお子さんが小さい時にテントや滑り台みたいな遊具を
出しっぱなしにして見栄えが悪い場合には引き戸を閉めて
隠しておくということも可能になってきます。

キッチンの横は引き戸を付けてないですけれども
さらに開放するということも可能になってきます。

リビングとダイニングは対面キッチンの方から見渡せるようになっています。
さらにこのキッチンは水回りの方に通り抜けが出来ますので
こちらの方は回遊性のあるプランになっています。

洗面脱衣の方の洗濯機を経由してまた階段の方に登って
.2階に登って行き、寝室の方経由してバルコニーテラスで物干しをする
というような動線計画を家事動線計画を作っていくことができます。

バルコニーの方には寝室8畳の方から出入りできます。
子供室の想定の洋室の一つから出ることができます。

子供部屋の一部屋は東と道路側の方に窓が付いていて風通しも取られています。
もう一部屋の洋室6畳の方はバルコニーに面しているので布団を干しができます。

寝室にウォークインクローゼット3畳がついていて
廊下に納戸収納、物入れがにも一つも形がついています。

トイレも一階と二階でありますから混雑した時でもストレスなく2
箇所で使うことが可能になってきます。

ウォークインシューズクロークとかパントリーとか
まんべんなく収納も取られていてリビングも18畳と広く
玄関も標準的で個室もしっかり6畳取れて
寝室も8畳あるのでバランスの良い間取りになっています。

どんな敷地にでも配置できるようなプランになるので
そんなにあの形状も複雑でないことから
ローコストでも建築できるような間取りになると思います

今回の間取りは37坪4LDK の北玄関の間取りでした。

キッチン付近に部屋干し室とパントリー収納のある間取り図

今回のプランは43坪5 LDKの2階建ての間取りになります。

北道路の想定になっていて北玄関になっています。
北側に駐車場配置して並列の駐車をしてきます。

玄関ホールは土間部分が2畳でホールが3畳の広さがあり
奥に広い玄関になります。

玄関に土間収納とシューズボックスがあります。
リビングダイニングキッチンは南側にあり、
キッチンは対面式キッチンになります。

キッチン背面の収納も広く横にパントリー収納が3畳あります。
パントリーは玄関の土間収納と連続し、
玄関からキッチンへ通り抜けることができます。

玄関から箱で購入したものをパントリーに運び一時置きすることができます。

洗面室と脱衣室は分かれていて
洗面台は1.2 M と広く、脱衣室にも収納があります。

浴室は2畳一坪タイプになっています。

リビング階段で2階へ上がるようになっています。

ダイニングの南側にはサンルームが4畳あり、
物干しに使ったり植物を置いたり様々な使い方ができます。

サンルームの横には物入れがあります。

2階にはベッドルームが4部屋あり、
6畳の部屋が3部屋そして寝室が8畳で一部屋あります。

寝室にはウォークインクローゼットが3畳あります。
2階にもトイレと洗面台があるので一階の洗面が混雑している場合でも
2階で支度ができるようになります。

共用の物入れが廊下についています。

ベッドルームが多いので子供が3人など
人数の多い家族にも対応していくことができます。

平面形状も複雑ではないので屋根形状もシンプルになり
雨漏りのリスクが少ない住宅になります。

また形状が複雑でないことで
ローコスト化することも可能になってきます。

30坪3LDKの家族で住む平屋の間取りプラン

今回のプランは30坪3LDKの平屋の間取りになります。
道路の方は西道路の想定なっていて南側の玄関から入ってきます。
玄関ホールにはシューズボックスがあって奥の方に広い感じになっています。

土間スペースが2畳あって奥の方には3畳のホールがあり
合計5畳ぐらいのスペースになります。

シューズボックスとそして土間収納があるので収納力も確保されています。

寝室の方は8畳あってウォークインクロゼットが3畳、
南の方に洋室6畳があってクローゼットが一畳取られています。

リビングダイニングキッチンの方は18畳ぐらいのスペースで
そしてリビング収納が2畳ぐらいのスペースあります。

対面式キッチンで背面の収納も広くダイニングとリビングもゆったりしています。
キッチンからリビングの方も見渡すことができます。

キッチンからリビングのテレビがと見える位置にあり
見渡せてさらにリビングから南の庭の方に出ることができます。

またダイニングの方も南に掃き出し窓が付いているので庭に出ることができます。
勝手口が庭に接しているのでこちらも外に出ることはできます。

洗面脱衣室の方は3畳と広い収納スペースも充実しています。
またトイレの方は1.5畳でカウンター式の手洗い収納があるので
ゆったりと使用することできます。

玄関を入ってすぐのところに手洗い洗面台があって
トイレからも玄関からもすぐ行ける間取りになっています。

3LDK ですので夫婦二人と子供2人ぐらいを想定して作っています。
延べ床面積もそんなに大きくなく二階建ての1階ぐらいのスペースになります。

こちらのプランは洗面脱衣室が中央部に来てますけれども
ベッドルームの窓を二つつけたいと考えたからという理由によります。

こちらのプランのように洋室をリビングに接して
引き戸を開放することによって一体化することもできます。

こちらの方は洗面脱衣室を東の方に配置して
キッチンから行きやすい距離にしてあります。

またパントリー収納はキッチンの横にできています。
様室がリビングに一体化してLDKを広く使うということができています。
子供が小さいうちはお絵かきコーナーとかジャングルジムとか
いろんな遊具、滑り台とかを置くスペースにできます。

引き戸を閉めると片付けなくても、リビングから見えない
インテリアの雰囲気を維持することができます。

お絵かきコーナーからさらに学習室で進化して
徐々に個室に移動して行くことも可能です。

51坪6LDK部屋数の多い家の間取り図。2階に部屋干し室。

今回のプランは50坪6LDKの部屋数の多い間取りになります。
間取りの特徴としては6LDKと部屋数が多いことです。

1階の方に二部屋二階の方に個室が4部屋あって、
さらに部屋干し室もあるので多くの人数で住む間取りになります。

間取りは南玄関になっていて南道路の想定になっています。
南の方に駐車場を取ってそして南玄関から入っていきます。

玄関を入るとシューズクロークの方が2畳あって靴やスポーツ用品とか
ベビーカーなど外で使ったものを収納すします。

中で靴を脱ぐということができるので使い勝手が良く、
さらに玄関ホールが靴で散らからないという風になります。

人数が多い間取りですので玄関にたくさんの靴がならんでしまうと
雑然としてしまうということが起きてしまいます。

シューズクロークの中で脱いで入っていくということもできるので
片付けにもなるという間取りになります。

玄関ホールを入っていくと階段室があります。
独立階段で二階の方に上がっていきます 。

LDKは18畳で対面式キッチンそしてリビングとダイニングが一体化して
対面式キッチンからダイニングとリビングの方が見渡せるようになっています。

南側の方に和室六畳が独立して配置されていて
床の間が一畳そして押入れが一畳あります。
こちらの方はゲストルームに出来ます。

また二世帯で住むとか親と同居するという場合に
寝室の代わりになるということもできます。

そして洋室8畳こちらの方は寝室になります。
クロゼットが2畳あり寝室のそばには洗面脱衣室とトイレがあります。
トイレには手洗い収納があってトイレの中での収納量もあります。
洗面台がトイレのそばにあるのでトイレを利用した後にすぐ使うことができます。

また玄関ホール入ってすぐのところに手洗いがありますので
帰ってきてすぐ手を洗うといったことができます。

脱衣室洗面室分かれているので誰かが脱衣室とお風呂を使っている時でも
洗面台が使えることになりますのでストレスの軽減になります。

特に人数の多い家族を想定しているので洗面台が使えるというのが
有効な間取りになってきます。

脱衣室にはキッチンからも移動しやすいようになており、
キッチンから洗濯機の方に行くということが可能になってきます。

例えば二世帯などで年齢の高い方がいらっしゃった時でも
折り返し階段であれば安全に2階に上がったり下に降りたりすることができます。

南側には部屋干し室があるので部屋で室内で干すということができます。
乾燥機能を付けても天日干しで窓ガラスの方を大きく開口することによって
サンルーム的な使い方をすることができます。

そして部屋干しつの南側にバルコニーテラスがあって
外にも布団干したり物干しできるようなスペースになるように
奥行きもあって幅も広くなっています。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳あります。
一階の方を例えば親世帯とかゲストルームに使った場合でも
2階に子供二人とそして夫婦という風な住み方ができます。

書斎もありますのでこちらの方を部屋にすることもできます。

共用の物入れは廊下に1.5畳と納戸収納が3畳取られています。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村