30坪3LDKの家族で住む平屋の間取りプラン

今回のプランは30坪3LDKの平屋の間取りになります。
道路の方は西道路の想定なっていて南側の玄関から入ってきます。
玄関ホールにはシューズボックスがあって奥の方に広い感じになっています。

土間スペースが2畳あって奥の方には3畳のホールがあり
合計5畳ぐらいのスペースになります。

シューズボックスとそして土間収納があるので収納力も確保されています。

寝室の方は8畳あってウォークインクロゼットが3畳、
南の方に洋室6畳があってクローゼットが一畳取られています。

リビングダイニングキッチンの方は18畳ぐらいのスペースで
そしてリビング収納が2畳ぐらいのスペースあります。

対面式キッチンで背面の収納も広くダイニングとリビングもゆったりしています。
キッチンからリビングの方も見渡すことができます。

キッチンからリビングのテレビがと見える位置にあり
見渡せてさらにリビングから南の庭の方に出ることができます。

またダイニングの方も南に掃き出し窓が付いているので庭に出ることができます。
勝手口が庭に接しているのでこちらも外に出ることはできます。

洗面脱衣室の方は3畳と広い収納スペースも充実しています。
またトイレの方は1.5畳でカウンター式の手洗い収納があるので
ゆったりと使用することできます。

玄関を入ってすぐのところに手洗い洗面台があって
トイレからも玄関からもすぐ行ける間取りになっています。

3LDK ですので夫婦二人と子供2人ぐらいを想定して作っています。
延べ床面積もそんなに大きくなく二階建ての1階ぐらいのスペースになります。

こちらのプランは洗面脱衣室が中央部に来てますけれども
ベッドルームの窓を二つつけたいと考えたからという理由によります。

こちらのプランのように洋室をリビングに接して
引き戸を開放することによって一体化することもできます。

こちらの方は洗面脱衣室を東の方に配置して
キッチンから行きやすい距離にしてあります。

またパントリー収納はキッチンの横にできています。
様室がリビングに一体化してLDKを広く使うということができています。
子供が小さいうちはお絵かきコーナーとかジャングルジムとか
いろんな遊具、滑り台とかを置くスペースにできます。

引き戸を閉めると片付けなくても、リビングから見えない
インテリアの雰囲気を維持することができます。

お絵かきコーナーからさらに学習室で進化して
徐々に個室に移動して行くことも可能です。

51坪6LDK部屋数の多い家の間取り図。2階に部屋干し室。

今回のプランは50坪6LDKの部屋数の多い間取りになります。
間取りの特徴としては6LDKと部屋数が多いことです。

1階の方に二部屋二階の方に個室が4部屋あって、
さらに部屋干し室もあるので多くの人数で住む間取りになります。

間取りは南玄関になっていて南道路の想定になっています。
南の方に駐車場を取ってそして南玄関から入っていきます。

玄関を入るとシューズクロークの方が2畳あって靴やスポーツ用品とか
ベビーカーなど外で使ったものを収納すします。

中で靴を脱ぐということができるので使い勝手が良く、
さらに玄関ホールが靴で散らからないという風になります。

人数が多い間取りですので玄関にたくさんの靴がならんでしまうと
雑然としてしまうということが起きてしまいます。

シューズクロークの中で脱いで入っていくということもできるので
片付けにもなるという間取りになります。

玄関ホールを入っていくと階段室があります。
独立階段で二階の方に上がっていきます 。

LDKは18畳で対面式キッチンそしてリビングとダイニングが一体化して
対面式キッチンからダイニングとリビングの方が見渡せるようになっています。

南側の方に和室六畳が独立して配置されていて
床の間が一畳そして押入れが一畳あります。
こちらの方はゲストルームに出来ます。

また二世帯で住むとか親と同居するという場合に
寝室の代わりになるということもできます。

そして洋室8畳こちらの方は寝室になります。
クロゼットが2畳あり寝室のそばには洗面脱衣室とトイレがあります。
トイレには手洗い収納があってトイレの中での収納量もあります。
洗面台がトイレのそばにあるのでトイレを利用した後にすぐ使うことができます。

また玄関ホール入ってすぐのところに手洗いがありますので
帰ってきてすぐ手を洗うといったことができます。

脱衣室洗面室分かれているので誰かが脱衣室とお風呂を使っている時でも
洗面台が使えることになりますのでストレスの軽減になります。

特に人数の多い家族を想定しているので洗面台が使えるというのが
有効な間取りになってきます。

脱衣室にはキッチンからも移動しやすいようになており、
キッチンから洗濯機の方に行くということが可能になってきます。

例えば二世帯などで年齢の高い方がいらっしゃった時でも
折り返し階段であれば安全に2階に上がったり下に降りたりすることができます。

南側には部屋干し室があるので部屋で室内で干すということができます。
乾燥機能を付けても天日干しで窓ガラスの方を大きく開口することによって
サンルーム的な使い方をすることができます。

そして部屋干しつの南側にバルコニーテラスがあって
外にも布団干したり物干しできるようなスペースになるように
奥行きもあって幅も広くなっています。

寝室は8畳でウォークインクローゼットが3畳あります。
一階の方を例えば親世帯とかゲストルームに使った場合でも
2階に子供二人とそして夫婦という風な住み方ができます。

書斎もありますのでこちらの方を部屋にすることもできます。

共用の物入れは廊下に1.5畳と納戸収納が3畳取られています。

一人暮らしと二人暮らしの平屋の間取り図、3パターンを比較


今回のプランは26坪2LDKの平屋の間取りになります。

こちらの間取りは一人暮らしを想定した間取りになっていて
リビングと和室そして寝室の2LDK です。

寝室8畳があるので一人暮らしでなくても夫婦で二人で住むことも可能です。

南道路の想定で南の方にリビングダイニングに大きく窓をつけて
明るくしていきたいという方向性があるので
横の方からですね、西側の方から玄関を入ってくような間取りになっています。

玄関ホールに入って行くと玄関土間と広い玄関ホール4畳があります。
奥に広くなっている形で通常よりも扉を開けて入っていくと
広がりが感じられるという状態になります。

玄関ドアは親子ドアドアになっていてシューズボックスが付いています。

引き戸を開けるとリビングダイニングキッチン20畳に入ってきます。
キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

リビングに接して和室6畳が配置されています。
和室6畳の方はウォークインクローゼットが4畳付いていて
こちらの方に収納するという形になります。

このウォークインクローゼットは納戸的な役割もしていきます。
寝室の方にも3畳のウォークインクローゼットが付いています。

和室の収納ってのは押入れに使ったり布団を入れたり洋服とかも入れて
いろんなものを収納していくというのに使っていきます。

寝室側に扉を付けて使えるようにしてもいいし
廊下側から使えるようにしてもいいと思います。

LDKは20畳と広いのでそこにさらに6畳の和室の引き戸を開放して
一体化することで26畳のとても広いリビングダイニングキッチンになります。

南側の庭の方に掃き出し窓が二つ付いていて明るく広く
そして天井も2階の部屋がありませんから高くすることもできて
開放的でモダンなリビングを得ることができています。

北西の方には洗面脱衣室と浴室が各2畳ずつ配置されています。

トイレ1畳で一人暮らしかフタル暮らしで一箇所という形になっています。
もし家族で住みたいということであれば部屋数を26坪の平屋の状態で
増やしていくということも可能になってきます。

例えばこのプランでお部屋数を増やしてみます。
和室を減らして3LDKにしています。

こちらの方は3LDK にした間取りになります。
リビングダイニングキッチンは18畳になっています。

玄関ホールへのところは先ほどと同じような配置になっていて
同じ敷地の広さに対して同じ玄関ホールの広さを取ってあります。

そしてリビングダイニングキッチンの横から入っていくようになっていて
リビングダイニングキッチンを経由して洋室5畳の方に入ってきます。
寝室は先ほどの8畳の寝室があって夫婦で入ると住む形になります。

洋室二部屋はま夫婦で別の書斎にしてもいいです。
子供部屋の想定で四人家族ぐらいというのを想定してもいいと思います。

ウォークインクローゼットとクローゼットだけになるので
少し収納が足りないなということであれば
ロフト収納を作っていく必要があります。

平屋ですので上に部屋はありませんので
屋根の高いところを利用して収納を作っていくことで
収納量を確保することができます。

26坪ととてもあの小さく限られたスペースの中で四人家族で住む
ということを実現していますがこれをさらに坪数を減らして一人用にしてみます。

こちらの間取りの方は24坪1LDKの平屋の間取りになってきます。

先ほどは26坪のプランになっていましたので
こちらよりも4畳分ぐらい広い間取りになっていました。

そしてこちらは24坪1LDKで人で住むという形になります。
もちろん8畳の寝室ですので二人で寝るということであれば
二人で住むということも可能な間取りになります。

最初に見た和室のあるプランから和室が消えて納戸4畳があって
シューズクロークが1.5畳増えています。

トイレとか洗面の辺りは一緒のプランになっていて
対面式キッチンでダイニングとリビングを見渡すことができて
南の方に開いています。

寝室の東に窓があって北にも窓があるので風通しも得られます。

天井はですねあの2階に部屋がないですので高くして
モダンなインテリア開放的なインテリアを得ることができます。

38坪4LDK玄関に土間収納とウォークインクロゼットのある間取り図

今回の間取りは38坪4LDKの東玄関の間取りになります。

道路は北道路になっていて北の方に並列で駐車するスペースを取って
側面の方から入って行きます。

この間取りの特徴は自転車のビルトインガレージがあること。
3~4台停めるようなスペースがあります。

そして東の方から玄関に入っていきます。
玄関に入っていくと土間収納が2畳あって玄関ホールが3畳ぐらいの広さです。

玄関ホールにはシューズボックスがあって靴を収納するスペースがあります。

そしてファミリークローゼットがあって帰宅してカバンとか服を一時的に置いたり
出かける前につかう収納が玄関脇にある形で広いスペースになっています。

リビングダイニングキッチンは17.5畳でリビングの一角に和室があります。
和室を含めると広い24畳ぐらいのスペースになって行きます。

キッチンは対面式キッチンでリビングとダイニングを見渡すことができます。
リビングもダイニングも南の方に窓が取られていて庭の方に出ることができます。
はきだし窓で大きい窓がついています。

和室の方はリビングダイニングに開いて畳コーナーにしていくこともできます。

キッチンの側面には土間収納につながります。
玄関から土間収納の方を使ってましたけれどもキッチンからも使うことができます。
パントリー収納的に使うことができます。

例えばで宅急便で土間収納に届いた荷物を運んでおいて
後でキッチンから取りに行くという形でもよいでしょう。

またキッチンの背面と洗面脱衣室の間に納戸スペースがあるので
こちらも自分達の都合のように使うということができます。

洗面室と脱衣室は別れていて浴室と脱衣室の方を使ってる時でも
洗面台を使うことができます。

脱衣室の方にも収納が付いていて収納量もあるので非常に便利な間取りです。

独立階段で2階上がっていきます。
ですがリビング階段ではありませんけれども一度リビングを通るので
必ず家族とは顔を合わせて2階に上がるという動線計画となっています。

家に帰ってきて、リビングに入って、キッチンの人に顔を合わせる。
リビングの人の横を通るということで家族とのコミュニケーションが
濃厚になる、家族同士が顔を合わせる機会を多くするという狙いがあります。

2階の方には南側に子供部屋の想定の6畳が二部屋配置されています。
各部屋にはクローゼットが付いていて最初から独立した部屋になっています。

お互いの声が聞こえないように間に収納を挟んでいます。

南側に子供用配置しているのは心を健康にしていくという狙いがあります。
勉強中にはそんなに都合はよくありませんけれども日の当たる部屋は
精神状態も健やかに保つというのを狙いにしています。

寝室の方は東と北に窓のある部屋になっていて8畳のスペースになります。
8畳のスペースの寝室に3畳のウォークインクローゼットがついています。

2階の方にはトイレが一つあって1階と合わせて2つあるといったところです。

39坪4LDKのパントリー収納と家事室と回遊性のある間取り図

今回のプランは39坪4LDKのパントリー収納と家事室のある間取りになります。

キッチンはアイランドキッチンになっていて家事室を通って洗
面室の方に通り抜けられるような回遊性のある間取りになっています。

道路は西道路の想定になっていて西側の方に駐車場をとる形になっています。
西玄関の方から入っていくと玄関ホールは3畳ほどのスペースで
土間収納とシューズボックスがあります。

シューズボックスと土間収納があることで収納量の豊富な使いやすい
玄関ホールになっています。
土間収納の方はベビーカーとかあとはのスポーツ用品、
土がついたボールとかバットなどを靴の他にも入れることができます。

シューズボックスの方は普段使いの靴などを入れていく形になります。

玄関は3畳ほどのスペースでは大きくもなく小さくもなく
収納が豊富にあるので使い勝手を良くしています。

リビングダイニングキッチンの方に入って行くと
リビング入ってすぐのところにカウンター収納があります。

お好みで何かカウンターの上に置いてもいいし
壁に何かを飾ってもいいと思います。

そして奥の方に LDK のスペースがありアイランドキッチン型になっています。
背面の収納も非常に広くカウンター式になってるので演出できる形になります。
間接照明とか壁の素材をレンガとか石とかタイルなどを貼ってもいいと思います。

キッチンの横には2.5畳のパントリー収納と家事室3.5畳があります。
パントリーの方は主に収納だけという形になりますが勝手口をつけても良いです。

家事室の方は主婦専用の作業スペースといった意味合いです。
カウンターおいてもいいし何も置かずに物干しに使えるような部屋にします。

キッチンの方からはダイニングとリビングを見渡せるようになっています。

そしてリビングの背面の方にはフリースペースがあって
カウンターテーブルカウンターとかですね本棚などおきながら
このフリースペースでこもって何かをするとことができます。

部屋にこもっても良いのですけれども LDK でみんなでいる時に
その一角にて家族を感じながら一人です作業する場所にしてあります。

洗面室と脱衣室の方は分かれていて家事室を通って洗面室に行くことができるのと
リビングの方から洗面室に行くという動線があります。
2方向から出入りになって階段の周りを回るような回遊性が生まれています。

水回りは北西の方にまとめられていてトイレと浴室、脱衣室、
洗面室といった形になります。

トイレを利用した後に洗面台をすぐ使えることができ
それからバスルームを利用しているしている時でも洗面室を使うことができます。

また2階から降りてきてすぐ洗面お風呂に行くことができます。

こちらの階段の配置はリビングを必ず通る場所にあるので
リビング階段と近い配置になっています。

リビングを必ずとって家族と顔を合わせて2階に上がるので
家族とのコミュニケーションが生まれる効果を狙っているものです。

引き戸で仕切られているので冬場に暖かい空気が上に上がってしまわない
と言った配置計画には合っています。

2階の方には子供部屋の想定の洋室が二部屋、
そして寝室が8畳とウォークインクローゼットが4畳があります。

全ての部屋が南に面していて、南に掃き出し窓からバルコニーに出ることができます。

バルコニーの方は幅も広くそして奥行きもあるので
こちらの方に布団と洗濯物を干すといったことも可能になります。

全ての部屋が南向きの明るい窓がついていて
明るく健康的な精神状態を保つことができるというような部屋になります。

日本の住宅では 朝とか昼とか部屋をカラッと乾燥させることができるというのと
朝昼とかに日光を浴びることで体調と精神状態を良くしていく効果を狙っているものです。

特に子供部屋については明るく健康的な状態に部屋をすることで
メンタルの健康も健やかに保っていこうという狙いがあります。

2階の方に洗面トイレがあることで1階の洗面とトイレがふさがっている時でも
2階を使うことができますので同じ時間に出勤とか準備をするというので
支度が被ってしまう、寝る前に支度はかぶってしまうといった時に便利です。

こちらのプランのあの特徴的な所は家事室とパントリーがあって
洗面の方に抜けていける動線にあります。

リビングの一角にフリースペースがあって家族の雰囲気を感じながら
子供や家族が作業するといったことができます。
またパントリー、リビング収納階、段下の収納や土間収納、2階の廊下の物入れなど
広いあとウォークインクロゼットが各部屋あったりとか収納量が多く確保されています。

42坪4LDK収納の多い住宅の間取り図

今回紹介するのは42坪4LDKの西玄関の間取りになります。

こちらの間取りの特徴は土間収納とかクローゼット
パントリーそして2階に共用の納戸など
非常に物入れ収納が多いプランになっています。

玄関は西玄関で西道路の想定になっています。
西側に駐車場を通って西玄関から入ってきます。

玄関ホールには土間収納が2畳とシューズボックスがあります。
またクロゼットが2畳あるのでこちらの方にも収納することができます。

こちらの方は土間収納を拡大して全て土間収納にしてもいいと思います。
洋室5畳が玄関の付近にあって東の方にリビングダイニングキッチンが22畳あります。

こちらの方はリビングとダイニングが分かれていて
各スペースはエリア分けされているけれども
一体化したような雰囲気になって広がりを持っています。

アイランドキッチンになっていてこちらの方を中心に
グルグルと回遊できるようになってますので
そのせいで広く感じられるようになってます。

そしてこのキッチンの方には背面の収納の他にパントリー収納が一畳ついていて
今小さいですけれどもこの中にいろんなものを収納することができます。

ホットプレートなどの普段使わない家電とかレトルトの食品とか
いろんなものを収納していくことができます。

洗面室と脱衣室は別れていて、脱衣室の中に収納がついています。
ですので着替えとかできるとか洗剤など様々なものを収納できます。

洗面室の方は幅も広くてそしてトイレも近くにあるので
トイレを利用した後にすぐ使うということができます。

浴室は一坪二畳タイプの個室になっています。

階段はリビング階段のような配置になってますが
引き戸で仕切られているので暖気が上に上がらないように仕切ることができます。

階段を上がって2階の方に行くと2階の方には洋室が6畳二部屋あります。
寝室は8畳でここにウォークインクロゼットも確保されています。

寝室の南側にはバルコニーテラスがあって、奥行きも幅もあるので
広くて布団を干したりそして洗濯物を干したり使いやすいようになっています。
2階のホールの方には納戸のスペースや共用の物入れが広く取られていて
収納量が多めのプランになっています。

洗面のスペースとトイレがあるので1階の洗面とトイレを他の人が使ってる時でも
2階の洗面トイレがあるので混雑が避けられてストレスの軽減になっていきます。

プランの形状は長方形でシンプルになっているので
屋根形状がシンプルにできるというようなメリットがあります。

屋根形状はシンプルである事は雨漏りのリスクが軽減されるという形になってきます。

プランの特徴はリビングダイニングキッチンが非常に広く取られていて
22畳と広くダイニングもリビングもゆったりとしているというところと
収納が多く取られているということころです。

土間収納とか玄関付近に家のウォークインクローゼット
脱衣室の収納、キッチンのパントリー収納
納戸物入れなど収納量の多いプランということになっています。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村