平屋 間取り 人気

間取りは32坪3LDKの平屋です。
玄関ホールは3畳にシューズクローク1.5畳付き

リビングダイニングキッチンは18畳で
キッチンは対面式でオープンなプランになります。

リビングもダイニングも南窓付きで日当たりが良く、
寝室8畳も南窓があって明るい間取りです。

寝室8畳には3畳のウォークインクロゼットがあり、
ウォークインクロゼットは3畳で収納量が大です。

寝室のそばには手洗い収納付きのトイレ1.5畳があります。

キッチンに近い場所に洗面脱衣室2畳
浴室は1坪タイプで2畳です。

家事動線が短いので便利な間取りになります。

洗面脱衣室の横にファミリークロゼットが2畳あります。

東窓の取れる位置に6畳の個室が2室あります。
クロゼットもあり収納量も豊富です。

平屋の間取りは上に部屋がなく重量が乗らないので
構造計算も有利で地震に強い間取りになります。

物干し室のある住宅の間取り図

参考のプランは物干し室のある間取りです。
36坪4LDKで2階に3畳の室内干しの部屋があります。

冬や梅雨の雨の時期など、バルコニーに洗濯物干せないときや
花粉の舞い散る時期に外に干したくない家庭では
室内干しの部屋を作っておくと便利です。

玄関には土間収納と下層箱があり収納量が豊富です。

リビングダイニングキッチンは17畳で対面式キッチン
対面式キッチンは開放的で、ダイニングと庭を見渡せます。

キッチンにはパントリー収納もあるので収納量が多いです。

1階には独立した和室が4.5畳あり、
仏間がある部屋になっています。

仏間で利用しないときは床の間に使います。

階段は独立階段で2階へあがります。
洗濯機のある洗面脱衣室から2階の物干しまで
短い家事動線でつないでいます。

寝室には3畳のウォークインクロゼット。

トイレは1階と2階に2箇所あるので混雑が避けられます。

ビルトインガレージの間取り

参考のプランは33坪のビルトインガレージのある間取りです。

玄関ホールとガレージの両方から出入りが可能で、
ガレージから廊下に入ると手洗い洗面室とトイレがあります。

リビングダイニングキッチンは2階で
1階には寝室とウォークインクロゼットがあります。

リビングもダイニングも南窓があり、
ベランダに出ることができる大きな明るい窓です。

二階のLDKの東側には子供部屋の想定の洋室が2室。

リビングを通って部屋に入る動線計画なので
家族とコミュニケーションの多い間取りです。

東窓で勉強するのに適した配置計画です。

駐車場を建物内に取り込んでいるので、
敷地を有効活用することができます。

そのため、小さな敷地で建築可能です。

トイレは1階と2階の二か所あるので混雑が避けられます。

玄関に自転車の置ける間取り

参考の間取りは36坪4LDKの土間収納のある間取りです。

間取りは2階リビングの間取りになります。

間取りの特徴ですが、玄関ホールに続き間で
広い土間収納があります。

この土間収納は大きく玄関土間に開放して一体化します。

玄関から自転車を内部に入れて土間に収納することができます。

最近の自転車は高級なものも多く盗難対策が大事なタイプも多く
外において置くような金額ではないものもあります。

また趣味で自転車を所有する方の場合、
もう売っていないプレミアの付いている自転車もあります。

そのような場合外に置くより家の中に入れたほうが
安全で安心感のある保管携帯になります。

外部に鍵付きの物置ガレージを置く方法も多く見られますが
敷地に余裕がない場合は室内に収納するのがベスト。

参考の間取りでは2階に子供部屋、1階に水周りと寝室
ゲストルームになる和室が配置されています。

部屋干し室と畳コーナーのある間取り

参考のプランは34坪4LDKの物干し室のある間取りです。
南道路の想定ですが東道路や西道路でも使用可能です。

独立階段で2階へ上がると物干し室が3畳あります。
洗濯物を雨の日でも室内干しできるサンルーム的は部屋です。

玄関は3畳で西側に洋室5畳があります。

リビングダイニングキッチンは15畳で対面式キッチン。
キッチンの背面収納は幅広く収納量があります。

3畳の畳コーナーがあるので合計18畳
畳コーナーは小上がりになっていて下部に収納があります。

畳コーナーに座りながらキッチンカウンターに腰かけ
対面で会話しながらお茶することもできます。

洋室6畳は子供部屋の想定で東向きの窓があるので
勉強部屋に向いて居る間取りです。

寝室7畳にはウォークインクロゼットが3畳あります。

1階の北側に水回りがまとめられています。

トイレは上下の階に2か所あります。

寝室の前のテラスも東西に広く物干しに最適です。

和室がリビングに開放する平屋の間取り

参考のプランは36坪2LDKの平屋の間取りです。
東道路の想定で東玄関になっています。

玄関ホールは3畳でシューズクローク土間収納と
シューズボックス下足箱の両方を持っています。

リビングダイニングキッチンは20畳と広く
リビング収納と書斎コーナー、家事コーナーがあります。

対面式キッチンでダイニング越に庭を眺めることができます。

リビングに面して和室6畳の押入れ付があり、
引き戸を開くとリビングと一体化する間取りになります。

和室は寝室にも、茶の間にも、ゲストルームにもなりますし
書斎のような使い方もできます。

洗面脱衣室は3畳と広めで、収納をおくことができます。
浴室は2畳、一坪タイプのユニットバスです。

寝室は8畳でウォークインクロゼットが4畳と広めです。

寝室から洗面脱室を近くしています。

収納が少ない場合は小屋裏収納を設けます。

トイレがもうひとつ欲しい場合は洗面脱衣室付近につくります。

将来子供部屋を2室に分ける間取り

参考の間取りは35坪4LDKの二階建てです。
北道路で北玄関になっており、玄関には土間収納があります。

北側には和室が独立して配置
階段室は独立階段で2階へ登ります。
階段下は和室の押入れに使っています。

リビングとダイニングは明るい南側へ配置
対面式キッチンはオープンなタイプで、
ダイニング越しに庭を眺めるため明るいです。

キッチン脇にはパントリー収納もあるので
収納量も大きくなっています。

洗面脱衣室へはキッチンから近く、階段に近い位置へ
和室からも行きやすいのでゲストルームとして使うときにも便利。

2階の個室から洗面脱衣室を使うときも
リビングを通ることなく利用することができます。

2階には子供部屋の想定の洋室が南側に2室配置され、
当初はいっしょのスペースのため将来しきります。

寝室はウォークインクロゼット付で7畳。

トイレは1階と2階に二箇所あるので混雑しないです。

各部屋はウォークインクロゼットで収納大です。

自宅に事務所、SOHOのある間取り

参考のプランはは38坪5LDKの住宅の間取りです。
北道路の想定で北玄関になっています。

特徴は玄関に隣接して自宅で仕事のできるSOHO、事務所付で、
靴のまま出入りできる部屋が1室あります。

1階の玄関とトイレはSOHOと住宅と兼用なので
両方のエリアから使いやすい場祖に配置しています。

リビングダイニングキッチンは18畳で広く、
キッチンは対面式でオープンな間取りになっています。

階段室と洗面脱衣室はキッチンから近い位置に
扉をはさんで配置しているので音や空調もさえぎります。

リビングの横には引き戸で開放できる和室が6畳
押入れも2畳と収納がたっぷりあります。

そしてこの和室は室内の縁側が付いているので
日向ぼっこのできる和室として使えます。

縁側のある家は昔はたくさんありましたが
現在では希少価値のある間取りとなっています。

2階には3室あり、寝室は8畳でウォークインクロゼット付、
寝室からバルコニーテラスへいけるようになっています。

東窓のある方向には子供部屋になる予定の5畳の洋室が2室

2階にもトイレがあるので便利です。

ウッドデッキテラスのある間取り図

今回の間取はデッキテラスのあるプランです。
デッキテラスはリビングやダイニングのはきだし窓の外に配置
外部空間ですがリビングと連続して広く見える効果があります。

外部の気温が過ごしやすい季節であれば
外のデッキにテーブルを出してティータイムを楽しむこともできます。

リビングのはきだし窓やダイニングの前のはきだし窓から
外に出入りできるのでファミリーパーティーなどの時は
内部と外部で行き来ができるので盛り上がります。

参考の間取りではキッチンはアイランドキッチンになっています。
お友達や家族で和気あいあいとキッチンを囲むことができます。

フルフラットキッチンであればよりキッチンとダイニングや
リビングとの一体化が図ることができます。

和室はリビングと一体化して広く使えるように
引き戸が開放できるようになっています。

子供が小さい家庭では遊び場や寝室にできます。

二階のテラスは大きめになってます。
ことテラスも物干し以外に外にテーブルが出せる大きさです。

1階よりも日当たりが良いので、より明るさを求める場合
二階のバルコニーでひなたぼっこすることも可能です。

36坪学習コーナーのある二階リビングの間取り

今回の間取は2階リビングの間取りです。

2階にリビングダイニングとお風呂洗面脱衣室があります。
また、リビング続きの洋室があって、子供部屋や趣味の部屋になります。

リビングに開放すると広いリビングにすることもできます。

洗面脱衣室も3畳と広く収納スペースも取られています。
リネン庫的な栗ゼットもあるのでさらに収納量があります。

リビングダイニングには学習コーナーもあり、
キッチンから見える場所で子供が勉強するスペースがあります。

二階リビングの間取りは天井も高くできるので
開放的なインテリアにすることができます。

ベランダからの景色も楽しめるので、
見晴らしの良い場所に建てると毎日景色も楽しめます。

天井を木目張りにしたり内装も趣向を凝らすと
雰囲気を楽しむことができるでしょう。

1階には寝室8畳とウォークインクロゼットと子供部屋が2室あります。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

一級建築士 、注文住宅の設計を手掛ける。現在要望の多い間取りをデータ化

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ