夫婦二人で暮らす平屋の間取り図

今回は30坪3LDKの平屋の間取りです。

敷地は東道路になっています。

玄関ホールは南東に配置して駐車場を南東に配置します。
玄関ホールは奥に長いタイプ

リビングダイニングキッチンは20畳大で
和室6畳が隣接してリビングに開放できるのでさらに広く感じます。

キッチンは対面式キッチンでリビングとダイニングを見渡せます。

寝室は8畳で東向きの窓があります。
寝室には4.5畳の広いヲークインクロゼットがあります。

キッチンと寝室の近い位置に洗面とバスとトイレがあり
行きやすい距離になることで使い勝手を良くしています。

書斎は玄関に近い位置で4.5畳の広さで
プライバシーを確保しているので
テレワークやリモートワークに使うことができます。

和室はゲストうーむに使うなど多目的になります。

薪ストーブのある平屋の住宅の間取り図

今回は30坪3LDK の薪ストーブのある平屋の間取りの紹介になります。

敷地は南道路で12 M ×19 M になっています。

玄関は南東に配置されており、
玄関ホールを入れると19畳のリビングダイニングキッチンがあります。

キッチンからはリビングとダイニングが見えるようになっており
南側の方に窓が配置されています。

また薪ストーブのスペースも南側に配置されており
冬暖かく暮らすことができます。

この間取りの特徴はリビングの南側に
薪ストーブのスペースがあるということになります。

ベッドルームは3部屋あって、
その内の一部屋がリビングに接して開放できるようになっています。

そのことで将来的に個室にすることもできるし
建築当初は学習コーナーやプレイルームなど
様々な用途に使えるオールマイティな部屋にすることができます。

寝室と洋室の間にファミリークローゼットが配置されており
両方の部屋から使うことができます。

また洗面脱衣室の横にファミリークローゼットも配置されており
子供個室の方から使うことができるようになっています。

洗面と脱衣室は分けられており、脱衣室を使っている時でも
洗面室の方を他の人が使うことができます。

またトイレの近くに洗面台があるので
トイレを使った後にすぐ手を洗うということも可能になってきます。

廊下は最小限に抑えておりますが、
幅も広くしてあるので移動しやすくなっています。

30坪の小さな面積の中に3LDK の住宅プランを入れてあります。

リビングの天井は平屋の特徴を活かして高くすることができます。
屋根の形状に合わせて上の方まで空間を広げることが出来ます。

ベッドルームの上のスペースもロフトの収納にすることが
可能になっていきますので収納を増やすこともできます。

外観は薪ストーブの部分を強調して見せることによって
他の家にはない個性的な煙突のある外観を作ることができています。
インテリアについても薪ストーブを中心に
リビングダイニングキッチンから見えるようになっているので
温かみのある個性的なインテリアを得ることができています 。

25坪2LDK夫婦で住む平屋の間取り図

今回紹介するのは25坪2LDK の平屋の間取りになります。

敷地は12.5M×17M になっており、南道路になっています。

南側に並列で駐車場が2台確保しています。

玄関は南東に配置されていて、
玄関を入ると20畳の明るいリビングがあります。

玄関ホールを入るとトイレがすぐ使えるようになっていて
洗面脱衣にも行きやすいので帰ってきてすぐ手を洗えるようになっています。

リビングダイニングキッチンの東に脱衣所浴室が配されていて
キッチンから行きやすい間取りになっています。

リビングと和室のには南側にはウッドデッキのテラスと
庭が設けられていて明るい大きな掃き出し窓から外に出ることができます。

キッチンは背面の収納も広くなっていてパントリー収納も2畳あって
収納量の多い間取りになっています。

リビングに隣接しては和室が配置されていて
床の間と押入れが配置されています。

リビング収納があるのでさらに収納量も確保されています。

リビングから寝室8畳に出入りすることができます。
寝室8畳にはウォークインクローゼットが3畳、物入れも付いています。

平屋ですのでリビングの天井を高くして屋根の勾配なりにして
開放的なインテリアを得ることができます。

建物の形状は正方形に近い長方形で
耐震性にも有利な平屋の住宅ですので
構造的に負担の少ない強い住宅を得ることができています 。

家事動線の良い平屋の間取り図 30坪3LDK

今回紹介するのは30坪3LDK の平屋の間取りになります。

敷地は15M×15M になっており、南道路になっています。

南側に駐車場2台と庭を配置して
南に開けた間取りになっています。

玄関ホール入っていくと広いシューズクロークがあります。

リビングダイニングキッチンは19畳の広さです。
実質18畳ぐらいの広さです。

キッチンは対面式で背面の収納も広くなっており
横にパントリー収納もあるので収納量が充実しています。

和室はリビングに接して配置されていて
6畳の広さで押入れも付いています。

洋室6畳は南向きでクローゼットが1畳あります。
こちらの部屋は子供部屋の設定になっています。

廊下に物入れもあります。

寝室8畳でウォークインクロゼットが4畳、
ウォークインクローゼットはファミリークローゼットとして使えるように
洗面室の方にもドアが配置されて通り抜けられるようにしなっています。

キッチンから洗面室、そしてファミリークローゼットへの動線計画があることで
家事動線が良い間取りになっています。

トイレ、浴室、洗面は同じところにまとめられておりコンパクトになっています。

長方形のシンプルな平屋のプランですので構造的にも安定して
屋根も入母屋のシンプルな形状で雨漏りがしない災害に強い形状になっています。

リビングの南側にはウッドデッキのスペースがあって
テーブルがおけるような広さなっています。

また南側の方に和室リビングから出ることができるので
庭に面して明るく広く開放的な間取りになっています。

山小屋風ログハウスの間取り図

今回紹介するのは30坪3LDK の山小屋風ログハウスの間取りになります。

玄関ホールに入る前にカバードポーチのウッドデッキを通過して入っていきます。

リビングに入ると吹き抜け勾配天井のスペースがあって
上の方に空間が広がります。

リビング階段はシースルー階段になっていて
2階のホールから下を見下ろすことができます。

キッチンは対面式キッチンになっていて
リビングとダイニングを見渡すことができます。

キッチンのそばに水回りがまとめられていて
洗面室と脱衣室が分かれています。

1階には洋室が2部屋あって各6畳になっています。
子供部屋やゲストルームに使用します。

2階の方には8畳のベッドルームあってロフト収納がついています。

また共用のロフト付収納も広くつくられられています。

屋根裏の利用して勾配の天井になっているので
山小屋風のインテリアを終えることができています。

外観も木目調になっていて内観も木目のやさしいインテリアになっています。

外観は家の形ログハウスの形を強調するようなデザインになっていて
カバードポーチで屋根のかかったテラス席で
食事したりお茶を飲んだりすることができます。

二人家族で住む29坪3LDKの平屋の間取り図

今回紹介するのは29坪3 LDK の平屋の間取りになります。

敷地は東道路で南玄関になっています。
南側に庭と駐車場を確保して南玄関から入っていくと
玄関には2.5畳の土間収納があります。

玄関ホールにはクローゼットが1.5畳ありますので
コートや洋服などをかけることができます。

東側のエリアに洋室、寝室7畳が2部屋あって
各部屋にクローゼットが付いています。

西側の方にリビングダイニングキッチン16畳があって
南側の庭に面して配置されています。

リビングに接して和室4.5畳があり
押入れと床の間がついています。

板の間の部分には後々仏間にできるようになっています。
平屋ですので上を踏むこともありません。

キッチンは背面の収納も広く横には納戸を兼ねたのパントリー収納があります。

和室はリビングに開放できるようになっているので広く使うことができます。
リビングには掃除機など入れることができる物入れもあります。

洗面と脱衣、浴室は寝室とリビングの間に配置されていて
洗面のスペースは玄関に入ってすぐ手を洗うことができる便利な位置にあります。

またトイレを使ってすぐ使える位置にあるので
トイレ使用後も使える場所にあります。

洗面と脱衣室は分かれているので家族の誰かが脱衣室を使っている
バスルームを使っている時でも洗面台を使うことができるので
ストレスがない使い勝手になっています。

平屋ですので上に部屋がありませんから
リビングダイニングキッチン玄関ホールなどの天井高くすることができます。

さらに開放的でおしゃれなインテリアにすることが可能になってきます。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。
リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 、一級建築士事務所を主催。注文住宅の設計を手掛ける。ハウスメーカーの立ちあげなどに関わる。現在要望の多い間取りをデータ化。間取りデータバンクにて無料の間取りを作成中。

カテゴリー

アーカイブ