44坪5LDK子供部屋を後から仕切る間取り

参考の間取りは44坪5LDKで子供部屋を将来仕切るタイプ。
和室は独立してほかの部屋とはつながらず親世帯の同居も可能
シューズクローク土間収納、パントリーなど収納も充実しています。

間取りを依頼するのは設計事務所や
ハウスメーカーの住宅展示場などがあります。

持ち家に憧れ、主人と建売、マンション、ハウスメーカーの住宅展示場、
その他いろいろ見て回り、話を聞き、主人と話し合った結果、
コンペ形式でデザイナーさんが提案してくれるシステムで住宅を発注しました。

デザイナーさんが決まった当初は、
すべての仕様を自分たちで決めれる楽しさにウキウキしていましたが、
お金との兼ね合い、住宅建材メーカーのショールームめぐり、
見積もり、商談、予想以上に注文建築は自分たちの決め事が多く、
だんだんとショールームに何度も足を運ぶことに疲れ果ててしまいました。

ショールーム巡りも30代の若い夫婦なら、
将来の夢、体力、気力が兼ね備わっているけれど、
子供も大きくなり、お金に困窮して、思考も硬く、
人生の疲れが出てくる40代の夫婦が回るには、
かなりしんどい作業になると思います。

注文建築で家を新築するのは、
ぜひとも30代のうちにしておきたいですね。

カテゴリー: 間取り シミュレーション,間取り図 作成 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--nbk857hyhms0ufp3a.com/%ef%bc%94%ef%bc%94%e5%9d%aa5ldk%e5%ad%90%e4%be%9b%e9%83%a8%e5%b1%8b%e3%82%92%e5%be%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e4%bb%95%e5%88%87%e3%82%8b%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

新築間取りの上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

一級建築士 、注文住宅の設計を手掛ける。現在要望の多い間取りをデータ化
ブログランキング PVランキング ブログランキング 人気ブログランキング
マイホーム ブログランキングへ
  • SEOブログパーツ