部屋数の多い間取り

参考の間取りは43坪5LDKの北玄関の間取りです。

部屋数の多い間取りは家族の増加にも耐えられ
そして、四角い間取りは住宅のコストをおさえられます。

コーディネーターさんの家作り体験談を紹介:

家づくりを考え始めて実際に家が建つまでには3年くらいの歳月が経ちました。

家づくりは人生で最初で最後と思っていたし、
終の棲家にするつもりなので、じっくり時間をかけました。

家に関してはインテリアコーディネーターの資格は持っていたので
多少の知識は持っていたものの、かなり勉強が必要でした。

家づくりにするにあたって、本を読んだりネットで検索したりしましたが、
一番は大手のモデルルームに見に行って
実際話を聞いたりしたことが勉強になりました。

勿論営業なので良い部分を強調して、
悪い部分はあまり言わないということは承知でしたが、
各メーカーの取り組みがわかって勉強になりました。

最初は建築家に頼んだりという選択もありましたが、
保障があるという部分で大手の住宅メーカーを選びました。

大手の住宅メーカーでも注文住宅は勉強することが沢山ありました。

そして決めることが沢山あります。

自分がどんな家に住みたいかというのを
きちんと考えた上で決めるのは大切です。

見た目だけではなく実際に住むことを考えて、
動線やメンテナンスも考えた方が良いと思います。

1階の部分は自分で色々考えて工夫しましたが、
2階の寝室などの間取りなどは設計者に任せました。

窓が大きい方が明るいということで、大き目の窓を付けて貰いましたが、
寝室にはあまり大きな窓を必要としないと住んでから数年経って思いました。

窓拭きなども大変です。また夏などは西日がかなりきつく夏は部屋が暑くなるので、
この点はもう少し考えれば良かったと思います。

明るい家になり、毎日快適に過ごしているのでほぼ満足していますが、
数年経つとこうすればよかったというものも出てきます。

かなり時間をかけた自分の家でも少しだけ後悔するところもあったので、
是非これから家づくりをする人は、
自分の家には何が必要なのかを考えて
妥協せずに楽しんで家づくりをして貰いたいです。



日本ブログ村に一戸建て住宅ブログが大集合です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(業者)へ
にほんブログ村
ありがとうございます。

カテゴリー: ローコスト住宅の間取り,新築 間取り 5LDK,新築 間取り シュミレーション | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--nbk857hyhms0ufp3a.com/%e9%83%a8%e5%b1%8b%e6%95%b0%e3%81%ae%e5%a4%9a%e3%81%84%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a.html/trackback

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。


リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。
新築間取りの上へ

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

一級建築士 、注文住宅の設計を手掛ける。現在要望の多い間取りをデータ化

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVランキング

マイホーム ブログランキングへ
  • SEOブログパーツ