40坪4LDK土間のある間取り

参考のプランは40坪4LDK土間のある間取りです。
玄関ホールが大きな土間になっていて、
小上がりのホールが縁側風、
その奥に畳コーナーがあって存在感があります。

4年前に住宅を新築しました。
ハウスメーカーとの打ち合わせを重ねて、
満足のいく家が建てられたはずでした。

がしかし、家は住んでみないとわからないものですね

いざ、住んでみると、
例えば携帯電話を充電しやすい場所がなかったり、
日差しの入り方によってテレビが見づらかったりと。

相当に綿密な計画や生活動線を考えて建てないと後悔をしてしまいます。

あと、主婦の方でしたら、掃除のしやすい家。

我が家はダウンフロアを作っているのですが、
掃除が少々面倒です。

生活の細かいところまで想像をして建てると
ステキな住みやすい家がある出来上がると思います。

40坪4LDK二階リビングの間取り

参考の間取りは40坪4LDKの二階リビングのプランです。

景色の良い場所や1階が日当たりが悪い場合など
二階にリビングを設けることで日当たりが良くなります。

そして、屋根なりに天井を高くできるので
インテリアが美しくダイナミックになります。

注文住宅で新築を建てました。

何社か見積もりをもらい、
図面もだしてもらいましたが、
有名ハウスメーカーはお高めのうえ、
こちらの希望の間取りを伝えても、
なかなか聞いてもらえず。

最終的に、地元の建築会社に依頼しました。

何度も足を運んでいただき、図面をなんども作り替えて、
納得行く間取りを作成してくれました。

壁の色、床の色、的確なアドバイスをくれ、
完璧な家になりました!…が、

住みだして色々気づくんですよね。
ああすれば良かった、こうすれば良かった、
といくつも見つかります。

35坪4LDK収納の便利な間取り

参考の間取りは35坪4LDK
玄関収納をリビングからもツーウェイで利用できる間取り

便利で収納力もあります。

とある家族の家づくりの体験談

今年マイホームを購入します。
主人は、やはりせっかくのマイホームなので、
相当なこだわりがあるようです。

私は、あまりお金をかけずに建てたいのですが…。

もちろん、主人自ら建築士も調べて選んでいました。

パントリーやら、シューズクロークやら、
私のは、ちんぷんかんぷんな言葉を並べて話しをしています。

キッチンもこだわりがあるようですが、
一体誰がキッチンに入るのか…たぶん私なのに、
ずいぶん盛り上がっているな~と思いながら観察しています。

36坪3LDKリビングとダイニングを分ける間取り

参考の間取りはリビングとダイニングを分ける間取り
リビングを大きくとって、収納力をアップ
ダイニングの前には屋根付きのデッキテラス
丈夫には広いバルコニーテラスがあります。

4年前に新しく家を建てました。

それまでは賃貸マンションに住んでいたので、
初めての持ち家です。

当時私は産後すぐで、
家の事を考えるよりは赤ちゃんの事ばかり考えていて、
設計、家のデザインなどのほとんどを旦那に任せていました。

賃貸よりは広くなるし、悪くなるわけはないと思っていたんですね。

だけど今やっと自分の中に余裕も出来てきて、
もう少し考えれば良かったなと思います。

家は3回建てないと満足したものにならないと言います。

3回も建てられないし、
どんな人も1回目は「こうすれば良かった」
という部分が多く残るかもしれません。

もう少し心と時間の余裕がある時に
建てれば良かったなという思いがあります。

45坪5LDK二世帯住宅の間取り

参考の間取りは二世帯住宅の間取りで
45坪5LDKのプランです。
1階にリビングダイニングと親世帯の寝室
リビングダイニングと洗面浴室は共有です。

巨額を投資して建替えた二世帯住宅。
失敗のないように慎重に進め、完成し、入居しました。

引っ越し後に、荷物から出てきたのは、「奉鎮祭」とかかれているお札。
地鎮祭の時にいただいたところまでは覚えているけど、
これって、どこに置けばいいの?

でも、こんなお札のあるお宅今まで見たことない。

恐る恐るネットで検索してみると「棟札というもので、
工事の後世の記念となる札。上棟祭で清め、棟本に打ち付けます。 」
とのことでした。

自分たちでどうしたらいいか、見当もつかなかったので、
地鎮祭の時にお世話になった神社に尋ねました。

「天井点検口に入れればよい」と呆れた声で教えてくれました。
上棟日や、施主を小学生の息子に書かせ、
半年遅れで無事祀ることが出来ました。

25坪2LDK吹き抜けのある間取り

参考の間取りは25坪2LDKの北道路の間取り
2LDKと小ぶりながらリビングに吹き抜けのある
ダイナミックなプランで親の部屋と子供の部屋と二室で
家族で住むことも可能な間取りです。

友人の家づくりの話

プロポーズされ結婚が決まり、
入籍する前から建築屋探しを始めました。
注文住宅でしたが、自分たちのスタイルで自分たちで生活するのに
必要最低限の十分なサイズで建てました。

24歳で検討を始め、25歳で新築が建ちローンが始まりました。

35年フルでローンを組んで、
60歳の定年できっちり終わるようにと、
早めの決断をしました。

家を建てるには若い年齢ですが、アパートの契約金、
毎月の家賃が無駄だと思い決断しました。

そのため、新婚生活は家が建つまでお互い実家で別居という形でした。

若かったからか、本当に最小限で、
削れるだけ削ったような家なので、
今となってはもう少し頑張ってつけておけば、
やっておけばよかった!ということもありますが、
結論として、アパートに住まなくて本当に良かったです。

住宅ローン控除の恩恵も受けていますし、
新築3年目になりますが去年太陽光も取り付けました。

今では子供も生まれ、より一層一軒家でよかったと感じる毎日です。

好きなだけ自由に元気に伸び伸びと遊ばせてあげられています。

無駄に叱る必要もないので、
子供の成長にも新築で建ててよかったなと感じています。

38坪4LDKルーフテラスの大きな間取り

参考の間取りは38坪4LDKのルーフテラスのある間取り
テーブルが置くことができるルーフテラスと
それに面するセカンドリビングは家族の居場所を
1階と2階でわけることができるので快適です。

2016年7月に完成しました。夏から住み始めましたが、
田舎なので夏の虫が思いのほか凄いのがびっくりしました。

新築だから虫がこないことはないらしく、
今後は夏の虫問題が課題となりそうです。

冬は、リビングの窓を大きくとったので、
晴れている日の日中は暖房要らずになりました。

太陽光発電もしているので、自分たちの分くらいは賄えています。
また、新築なので耐震もしっかりしているので、
ここ最近頻繁している地震にもそんなに揺れを感じることがないので安心です。

33坪中庭のある間取りビルトインガレージ付き

参考の間取りは33坪3LDKの二階建ての間取りです。
ビルトインガレージ付きで、中庭があります。
玄関からすぐ見える中庭はリビングからも楽しめます。

住宅の新築について、迷ったのは、住まいの給付金をはじめ、
様々な助成や補助金があるので、
もれなく申請できただろうか?あるいは、
どちらがお得だったろうかと最後まで悩んだことです。

高額なので、できれば1番お得な方法で購入したい。

しかしながら、住宅メーカーのキャンペーンや
銀行の住宅ローン金利などを気にしていると、
なかなか住宅購入には踏み切れないと思います。

結局、すべて希望通りとはいきませんでしたが、
いろいろ考えた結果なので、
後で後悔しないことを祈るばかりです。

32坪4LDKパントリー収納のある間取り

参考の間取りは32坪4LDKの間取りです
パントリー収納やファミリークロゼットなどがあって
32坪と小ぶりなプランで収納が充実しています。

5年前に 建売住宅を購入

価格が条件にあっていたので、内覧をして、
契約へという一連の流れになりました。

結論からいうと、我が家は網戸、シャッター、クローゼット内のポール、
立水栓、洗濯竿かけ、など色々なところで思いがけない出費がありました。

色々なことを総合すると、
もう少し程度の良い住宅が購入出来たなぁと思っています。

でも、お金はかかりましたが、アパートに住んでいた時を思えば、
生活スペースが増え、周りを気にせず子供たちも
のびのびと過ごせているので、幸せです。

一生住んで行く場所ですので、後悔なく過ごしたいですね。

40坪5LDK家事室のある間取り

参考の間取りは40坪5LDKの家事室のある間取り
家事室は洗面脱衣室とキッチンの間にあり
主婦のお城になるぐらいの4.5畳の大きさ
机も収納棚も置けて趣味のスペースになります。

私は新築の住宅に対して、憧れがありました。
アパートなどの賃貸物件では、
なかなか思い描いたような空間がつくれないからです。

新築の住宅では、外観の色や間取り、
階段の向き、コンセントの位置など、
様々な部分で、自分たちの思い通りの家を創り上げていくことができます。

そうして創り上げた自分たちの理想の家は、
とても過ごしやすいものになると思います。

住宅を新築することで大きな責任感が生まれて、
人間として成長できると思います。

人生で一番大きな買い物である、
新築住宅は、私にとって、大切な目標です。

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

一級建築士 、注文住宅の設計を手掛ける。現在要望の多い間取りをデータ化
ブログランキング PVランキング ブログランキング 人気ブログランキング
マイホーム ブログランキングへ
  • SEOブログパーツ