36坪4LDK2階リビングの間取り

参考のプランは36坪4LDKの2階リビングの間取りです。

2階リビングのメリットはリビングの天井を高くできること
リビングの天井を屋根なりにするだけで
天井の高いインテリアが得ることができます。

2階にLDKを配置する場合は1階に水まわりをのこすのか?
それともキッチン付近に配置するかで間取りが変わってきます。

キッチン付近に洗面脱衣を配置することで、
家事動線がコンパクトにまとめられるので便利です。

1階に洗面とバスを配置する場合のメリットは
寝室や個室から近くなると言うことです。

トイレは各階に配置することで問題はないでしょう。

2階リビングの間取りは眺望が良いため
見晴らしの良い場所に建築する場合には良いです。

田園や公園のそばなど上から見下ろしたり、
遠くまで見通すことでかなりの快適性が得られるのです。

和室はリビングに接して開放することで
さらにリビングを広く利用することができます。
バルコニーはデッキを敷くことで雰囲気もよくなります。

中庭のあるおしゃれな平屋の間取り

参考の間取りは36坪の平屋のプランです。

東道路で東から入る東玄関になっています。

中庭のある家のプランで、広い玄関と
玄関を開けると大きな中庭が見える印象深い間取りです。

間取り図では石かタイルの仕上げになっていますが
オブジェを置いても、鉢植えを置いてもよいし
石庭や和風庭園などにして、作りこむのも良いでしょう。

12畳の広い中庭はダイニングキッチンから
リビングからも寝室からも眺めることができます。

ダイニングキッチンは対面式でオープン
パントリー収納は広く3畳のスペースがあります。

寝室は8畳でウォークインクロゼット付で
寝室から玄関の裏側から中庭を見ることができます。

玄関ホールからだけでなく四方から見て楽しむことができるように
部屋で中庭を囲んだ間取りになっているのです。

個室は6畳で2室とも南窓の明るい場所にあります。

トイレも広くカウンター収納手洗いつきです。
ユニットバスは1坪タイプ洗面脱衣室は2.5畳です。

洗面バスはキッチンから近い場所にあります。

39坪4LDKのL字型の間取り

参考のプランは39坪4LDKのL字型の間取りです。

南玄関でL字型に庭を囲むような配置計画になるので
南東側からの明るい光が建物に入るようにできます。

リビングダイニングキッチンは18畳
対面式キッチンで、ダイニングとリビングが一体化して
広く見えるプランニングです。

キッチンから洗面脱衣室の洗濯機も近いので
家事動線もコンパクトで使いやすい間取りです。

和室は独立して配置、8畳で広く
日当たりと風通しの良い南東にあるので
寝室にもゲストルームにも親世帯の部屋にして
二世帯住宅にすることもできます。

玄関ホールには土間収納とシューズボックスで
収納量が豊富にあり、階段は独立階段です。

二階にはセカンドリビングを中心に3室。
寝室は南側に8畳で3畳のをウォークインクロゼット付き

洋室6畳二室は子供部屋の設定です。

トイレは1階と2階に二か所あります。

L字型の住宅プランは駐車場もとりやすく
敷地の有効活用しながら間取りができます。

41坪4LDKデッキ中庭のある家の間取り

参考のプランは41坪のデッキ庭のある間取りです。

4.5畳のデッキ庭を囲みながらリビングダイニング
ラウンジ的なスペース、和室などから出ることができます。

2階のセカンドリビングからも見下ろすことができます。

キッチンは対面式でバックカウンター収納も広く、
パントリー収納が2畳あるのでさらに収納量が豊富です。

玄関ホールには長いカウンターのシューズボックス
玄関の広さを損なわずに収納量を増やします。

またシューズクロークも別にあるので、
靴の他にスポーツの道具やベビーカーなども収納できます。

収納が多ければそれだけ方付けもできるようになります。

リビング階段で2階に上がり広めのスペースは
セカンドリビングになります。

テレビなどを置いてゲームコーナーでもよいし、
学習コーナーにしても良いでしょう。

子供部屋の想定の洋室は当初は仕切らず一体化して利用します。
新築当初は家族全員で川の字になって使う寝室にできます。

子供の成長とともに部屋の用途を変更していきます。

39坪5LDK和モダンの家の間取り

参考の間取りは和風住宅のプランです。
リビングダイニングキッチンは、茶の間付きの対面式キッチン
寝室は和室6畳になります。

玄関ホールは3畳シューズボックスと土間収納が2畳
たっぷりとした収納量が魅力的です。

ダイニングキッチンは対面式でパントリー収納付き
バックカウンター収納も量があるので収納量が豊富です。

茶の間は和室4.5畳

二階へオープンな階段を上ってあがります。

二階の寝室は8畳でウォークインクロゼット3畳付き
洋室の6畳2室は子供部屋の設定です。

共用の物入れは納戸2畳と物入れ2畳で4畳

トイレは1階と2階の二か所になります。

バルコニーテラスは東西に長く奥行きもあり広いです。

35坪4LDKパントリー収納のある間取り

参考のプランは35坪4LDKの間取りです。
シューズクロークやパントリー、リビング収納のあるプランで
収納量に配慮しています。

新築するとなると収納が気になるものです。

理想の家は、3回建てないと出来ないといいますが、
本当にその通りだと実感しました。

特に収納量はこだわらないと後から増やせません。

家を建てる事になり、私なりに本や雑誌など参考に間取りや
建具などかなりこだわりました。

でも実際住んでみて感じたのは、とにかく夏が暑い!
風の通り道もなく熱い空気がこもったまま。

当然夜はかなり寝苦しいです。
冬は部屋を出るとまるで外。極寒です。

おしゃれな空間を作ることばかり考えてしまって、
大事な過ごしやすさのことを全く考えていませんでした。

夏は涼しく冬は暖かく、風通しの良さと陽射しの加減。

とても大事です。

生きているうちにもう一度家を建てる機会があれば、
風通しの良さ、過ごしやすさを最優先で建てたいですね。

41坪4LDK中庭のある家の間取り

参考のプランは41坪4LDKの中庭のある間取りです。
西道路で西玄関の間取りですが、南道路にも使用可能です。

玄関ホールは3畳、南と中庭側から光を入れて
明るい玄関になっています。

明るい玄関ホールは家相風水上も良く
朝にさわかやに外出することができる間取りになります。

リビングダイニングはスペース分けされながら
つながりを持て行くスペースで20畳の大きさがあります。

リビングからもダイニングからも大きなデッキの中庭に
出入りできるようになっています。

リビングには2畳の大きなリビング収納と
階段下の収納もあります。

和室は8畳で広さのたっぷりあるスペース
押入れも2畳と収納力もあるので、
ゲストルームや寝室としても利用できます。
和室からも中庭に出ることができます。

洗面脱衣室も収納のおける大きさがあり
洗面バス、トイレの水回りはキッチンに近いので
家事動線がコンパクトで移動距離が少なくなっています。

2階へはリビング階段で上り下りするので
家族のコミュニケーションを良くして、
ひきこもりなどの対策になる間取り。

寝室は10畳とおきく、ウォークインクロゼットも4畳と広いです。

子供部屋の想定の個室は6畳
トイレには洗面スペースがあって二階で洗面ができます。

バルコニーテラスも広く物干し、布団干しに便利です。

38坪3LDKリビング収納のある間取り

参考の間取りは38坪3LDKリビングとダイニングが仕切れるプランです。
リビングに来客があった時でもダイニングとリビングの間の
引き戸を閉めることによって、ダイニングで食事することが可能です。

洗面脱所にはダイニングから行きやすく
土間収納や納戸やクロゼットなどの収納量も充実しています。

土間収納は靴のほかにも、スポーツ用品や生活雑貨
納戸的な利用ができる収納になります。
スペースに余裕があるので風通しが良いのも良いところです。

シューズクロークやパントリー収納など人気の収納がありますが、
そのほかに要望が多いのがリビング収納です。

リビングに収納スペースがあることで、
整理整頓出来てすっきりした空間にできることから
人気の間取りになっているのです。

そして要望が多いのが子供部屋を後から仕切るタイプ
最初は大きな部屋にしておいて、寝室として利用し、
子供の成長とともに仕切ることで個室化する間取りです。

子供が巣立った後にはまた、大きな部屋に戻すこともできます。

洗面脱衣室が大きくチェストなどの収納を置けるくらい
余裕のあるスペースもまた潜在的に人気の間取りです。

玄関付近にコートなどを掛けるクロゼットがあるのもうれしですね。

38坪4LDK家事室のある間取り

参考のプランは38坪の北玄関、家事室のある間取りです。

キッチンのサイドに家事室を設けることで
主婦のキッチンスペースをより便利に広くすることができます。

家事室は長く変わりなく利用できるのが良いところ

学習コーナーとして一時的に利用して、
そのほかの時期は家事コーナーに戻してお良いでしょう。

私が家を建てた時は、子供が丁度小学六年生の頃で、
正月の時期でした。

当時の家づくりの主なコンセプトは下記の通りでした。
子供が勉強し易く、親の監視の元で勉強できる事。

太陽の光を取り入れて明るい事。

上記に合わせた家づくりを行い、
満足のいく家を出が出来たと思いますが、
子供が中学生になると勉強の仕方が変わり、

親と共に勉強していたスタイルでは
かえって邪魔になる事が分かりました。

そうなると勉強中は親は邪魔にならない様に静かに過ごす事になってしまい、
失敗したなと思いました。

明るい家になったので快適な感じになったのですが、
最近、妻が光老化を気にしだしてきたので、
日中はロールスクリーンをする様になりました。

老後の事も考えて、不用意に大きな窓ではなく
適切な大きさの窓の方が良いと思います。

カウンターバーのある家の間取り

参考のプランは47坪のカウンターバーのある間取りです。

ゆったりとしたLDKに大きなキッチン

ダイニングのスペースとは別にカウンターバーがあって
お店、カフェのような部屋になります。

家族や来客にバーを使ってもらいながら
料理を楽しむという面白みのある間取りです。

ホームパーティーの多い家庭の参考のプランになります。

ハウスメーカーで家を建てる場合の体験談を紹介:

私は注文住宅で家を建てたのですが、
モデルハウスをもっとたくさん見に行ったり、
チラシや雑誌などで情報収集して
こんな家が良いと言うイメージをふくらませておいたら良かったと思いました。

なぜなら、住み始めてから、ここをこうすればよかったという事が
思ったよりたくさんあったからです。

自分はどのような雰囲気の家づくりをしていきたいかを
ハウスメーカーに伝えるのはなかなか難しかったです。

気に入ったモデルハウスの写真や、
チラシなど具体的な物をハウスメーカーに見せたりすると、
自分の想いが叶う家づくりができると思いました。

初めての家づくりというと何から始めたらよいのか?
わからなくなってくると思います。

まずは将来の家族構成を想像します。
夫婦二人と子供は2人なのか?
子育てのイメージをして部屋数を決めます。

親と同居の可能性はあるのか?
二世帯住宅として建てるのか?

収納はどのくらい必要なのか?
人気のシューズクローク土間収納やパントリー収納
小屋裏収納やウォークインクロゼットは必要か?

書斎があれは仕事はもっと良くなりそうだろうか?
家事室があれば家事がはかどりそうか?
部屋干しのサンルームをつけるか乾燥機を買うのか。


リビングダイニングキッチンはどのくらい位の広さで
1階に作るのか2階にリビングを作るのか?

リビング階段にして家族のコミュニケーションを強くするか
リビングに学習コーナーをつくって宿題を教える。

中庭が欲しい。吹き抜けが欲しい。
シースルーの鉄骨階段にしたい。

ウッドデッキのテラスが欲しい。
ベランダは大きくしたい。

洗面脱衣室はどのくらいの大きさ、お風呂はどのくらいの大きさ?

チェックする項目を自分なりに書き出してみましょう。

最近の投稿

アーカイブ

ブックマーク

プロフィール

一級建築士 、注文住宅の設計を手掛ける。現在要望の多い間取りをデータ化

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVランキング

マイホーム ブログランキングへ
  • SEOブログパーツ